コーヒー&レストラン アドリア

 都営地下鉄新宿線岩本町駅直結のビル地下1階に、その店はありました。次々と仕事帰りの方が店のある廊下を通り過ぎ、駅へと向かっていきます。
 外観はどうみても喫茶店なのに、入口すぐの看板をみると伊太利料理。入口にはそれらしくニンニクが飾ってあります(ちなみに外の看板はコーヒー&レストラン)。
 中に入ってみると、茶色の革張りのソファ、低いテーブルという喫茶店らしい家具がありましたが、奥は丸テーブルに背もたれのある木製の椅子でした。厨房には料理人らしくコックスーツに身を固めたおじいさん、注文をとるのはおばさん。
 出てきたメニューは、生姜焼き定食とかカツカレー、ハンバーグ定食とかで、伊太利料理らしいパスタやリゾットなんかは全くありません。定食とコーヒーのセットは850円位~でした。夜もセットメニューが食べられるとは、リーズナブルです。
 定食セットを頼むと、スープ、ライスのお皿、メインディッシュの順に出てきました。意外と本格的です。付け合せサラダのドレッシングも手作りのようで、すべていちから作っているようです。
 たまの平日の夜、こういうところでゆっくり食事を取るのも悪くないなと思わせる店でした。 

コーヒー 420円 セットメニューはライスorパン、コーヒーor紅茶が選べます。
営業時間 朝8時~夜9時 土日祝 休み
千代田区岩本町3丁目
[PR]

# by matsutakekissa | 2008-07-22 21:46 | 枯れマツタケ | Trackback | Comments(0)  

このブログについて

 このブログで取り上げる喫茶店はすべて、取材等を行っておりません。一人の客として訪れたときの印象をもとに書いています。したがって情報の裏はとっておりません。情報はあくまで、ブログ程度、参考程度と思っていただきたいです。
 また、写真掲載は原則、外観のみとしております。
 営業時間も店の方に確認していないことがほとんどです。ただし、都心オフィス街の多くの喫茶店は少なくとも朝8時~夕方5時の営業が多いようです(9時~5時のお役所的時間帯喫茶店もあります)。土曜日の営業はオフィス街喫茶店は8~9割方お休みが多く、たまに午前中のみ営業というところもあります(半ドンの名残かと)。日曜、祝日は特別な理由がない限り(お祭りなど)、お休みです。都内住宅街の喫茶店は土曜営業、日曜お休みのところも依然として多いです。郊外に行けば行くほど日曜営業で、平日にお休みを入れる店が多いようです。
 なお、旧い喫茶店は突然営業時間が短くなったり、急に閉店することが多いです(残念ながら)。閉店を確認した店は情報更新いたします。
 住所は町名までといたしました。概ねのお店はサイト検索で町名・地番まで調査可能ですが、敢えてそうしています。多くの喫茶店は近所に住む方、働く方の憩の場という認識ですので、邪魔にならない程度をわきまえたいとの思いからです。万一、こちらのブログを見て喫茶店に訪れたいと思われた方には不親切ですが・・・。


※「芝生内立ち入り禁止」的但し書きとお願い 
当ブログ内記事・写真の無断転載はご遠慮ください。
当ブログはリンクフリーですが、
記事に関するクレーム等はご面倒ですが、コメント欄にお寄せ下さい(メールアドレスは掲載しておりません)。内容を真摯に受け止めたうえ、記事訂正・削除等の措置をとらせていただきます。
[PR]

# by matsutakekissa | 2008-07-22 20:41 | お知らせ | Trackback | Comments(0)  

アトム

 神田はかなりの喫茶店密集地帯で、朝は8時前から営業している店も他の街に比べ、やや多いようです。
 『アトム』は看板の「エアードリップ式」に思わず興味を持って入りました。入ってみると、地階、1階、2階があり、思った以上に席数があり、しかもかなり混んでいる。客層は男性サラリーマン1人客が多かったように思います。
 モーニングセットがなく、お客は出がけの一杯としてホットコーヒーを飲んでいるようです。通された席は地階だったため、店内全てを見渡すことはできませんでしたが、黒を基調とした木製の壁や、同じく黒革のソファ椅子など、デザインの統一具合はすばらしいものでした。
 さて、肝心のエアードリップ式コーヒーは、ネルドリップ式に近い味の、濃いコーヒーでなかなかおいしかったです。
 ウェイターの中年女性はみな手際がよく、会計のレジには百円玉や五十円玉が整然と並べられ、すぐお釣りを渡せるようになっています。近くにはチェーン店もたくさんあるのに、コーヒーだけで、朝からこんなに繁盛している喫茶店をみて、うれしくなりました。
※久しぶりに店の前を通ると、シャッターが降りていました。臨時休業か、それとも・・・。しっかり確かめてはいないので、なんともいえませんが(2008年9月25日現在)
※何度も店の前は通っていますが、その後店が開いているのを見たことがありません。閉店してしまったようです(2009年3月27日)
営業:平日朝7時すぎ?~夕方 土日祝 休
コーヒー 250円
中央区日本橋本石町
 
[PR]

# by matsutakekissa | 2008-07-22 12:50 | 枯れマツタケ | Trackback | Comments(0)  

アルプス

 浅草橋・東日本橋界隈も喫茶店が多くあることに、最近気づきました。繊維問屋街とオフィス街、そして住宅街のすみわけがなされていて、喫茶店に来る人々もサラリーマンからご隠居さんまで様々です。
 喫茶アルプスは問屋街の外れ、地下鉄馬喰横山駅出口そばの喫茶店です。朝8時の開店とともに、出社途中のサラリーマンがすいこまれるように消えていくのをみて、前々から入ってみたいお店でした。
 縦に細長い店内は意外と奥行きがあり、おじいさん位の年齢に達したマスターと、カウンターにはおばあちゃんがいらっしゃいました。ストライプの壁紙、黒皮のソファ、入り口のドアのガラス、店名のロゴなど、一つひとつが喫茶店らしい感じです。
 コーヒーをたてるのはおばあちゃんの仕事のようです。マスターの言葉遣いは江戸っ子のようで、会話の中で「コンチクショウ」という言葉を耳で初めて聞いたのが、なんだか新鮮でした。
 
コーヒー400円
営業時間 平日朝8時~夕方 土日祝 休
※中央区東日本橋3丁目
[PR]

# by matsutakekissa | 2008-07-18 12:28 | 中央区山 | Trackback | Comments(0)  

 日本橋高島屋の通りを挟んだ向いのビルは現在工事中。その裏手にある小さな喫茶店でした。店名から一見、飲み屋とも思われますが看板には「喫茶」の文字が入っています。
 平日の朝8時すぎ、外から見えない店内が気になりつつも入ると、そこは20人入れるかどうかの小さな喫茶店でした。
 男性サラリーマンの一人客が2組、静かにモーニングを食べていて、おばあさんの年齢に達したマダムが一人できりもりしていました。
 サラリーマンが帰ってしまうと、マダムはいろいろと店のことを話してくれました。サラリーマンの一人客が毎日決まった時間にやってきて、マダムとのおしゃべりがお目当ての方が多く、あまり店のことを他人に教えないのだとか。
 店は40年近くはやっているそうで、大企業の平社員だった人が長年通う間に、重役や社長になっているそうですが、「でも、みなさん、おとなしい方ばかりでちっともそんな偉そうな様子ではないんですよ」とマダム。定年退職しても店に通う常連さんもいるそうです。
 コーヒーは200円、モーニングは250円と、いまどきの価格高騰をすっかり無視した値段に圧倒され、アットホームな雰囲気にすっかりなごんでしまいました。

営業時間:平日朝7時すぎから夕方 土日祝日休
場所:日本橋高島屋向いの日本興和損保ビル(現在工事中)の裏。
※常連客の邪魔にならない時間を考慮のうえ、こっそり訪れるのがベターかと。
【閉店しました(2013.12現在)】
[PR]

# by matsutakekissa | 2008-07-17 12:29 | 枯れマツタケ | Trackback | Comments(0)