ロフト

 昨日は一晩中降り続いていた雨がカラリと止み、陽射しがまぶしく照りつける、店に入ったのは、そんなすがすがしい朝でした。神田駅周辺はよく歩いていたのにこんな喫茶があるとは、改めて神田周辺の喫茶店の多さを感じました。
 会社へ向かうサラリーマンも結構通るのです。が、ロフトには目もくれず社に向かうサラリーマンばかり。斜め向かいにはドトール。店内には男性サラリーマンが一人。すいている喫茶店は慌しくなくていいけれど、厳しい営業状況です。
 モーニングを注文すると、なんとバター供給最悪、パンの物価上昇中のこのご時勢で(2008年4月)、バターたっぷりの厚焼きトーストが出てきました。マスターやけっぱちか、と思いましたが、単品のトーストメニューには「バターたっぷり」と表記されていたのです。メニューとして貼り出されていた手作りケーキも食べてみたいですが、未だに実現していません。
※再来店時の印象 窓が色つきガラスのため、遠目に見ると営業しているのかしてないのかよく分かりませんが、店内は常連のお客にてほどほどの入りでした。常連客とマスターは世間話に興じていますが、独特の濃密な空気ではなく、ゆるい雰囲気です。店内から窓の外を眺めると、植栽の緑が美しく感じられました。

コーヒー 390円 モーニング(トースト、卵付き) 450円(2008年4月)
価格改定後 コーヒー(ブレンド・アメリカン) 400円(モーニングサービス時は370円) モーニングセット(トースト、ゆで卵、ブレンドorアメリカン) 480円 自家製ケーキセット(コーヒーor紅茶orミルク付) 630円(2009年7月)
千代田区内神田3丁目
営業時間 平日 7時半~18時半 土曜 8時~13時 日祝 休
[PR]

# by matsutakekissa | 2008-07-25 23:58 | 千代田区山 | Trackback | Comments(0)  

エルマーナ

 神田は出世不動通りを突き抜け、大通りを渡ってまだ数ブロック進んだ路地に佇む、店の2階が住居の神田っ子が営む喫茶店。入口には犬小屋があり、ビーグル犬が飼われています。
 平日朝8時。開店時刻を見計らってやってきたのは近所のネコ好きおばちゃんと、スポーツ紙を読みに来たおじさん。おばちゃんはネコの体調について語った後、何も注文せずに店を去り、おじさんも新聞読んでテレビを見ながら世間話に花を咲かせています。
 店内にはおばさんが2人とおじさんが1人。おばさん2人は安倍総理突然の辞職ニュース(来店したのは2007年9月)の連日放送に「もう飽きちゃったわよ~」とテレビに向かって野次を飛ばします。鬱な表情の総理と相変わらずにこやかな夫人が対象的なので、話題は夫人に移ってしまいました。「あの人もご主人が大変なのに何考えてるんだろうね。ウチは隠し事なんてできないよ。狭い家で川の字になって寝るんだもの」と一家言持ったセリフを口にしていました。

千代田区内神田1丁目
モーニング 450円
朝8時~夕方4時か5時 土日祝 休
[PR]

# by matsutakekissa | 2008-07-25 23:55 | 千代田区山 | Trackback | Comments(0)  

古美術茶廊 伊万里

 秋葉原電気街のど真ん中にある喫茶店。周囲は見渡す限り、電化製品やゲーム関連商品販売のビルが立ち並ぶ中、この店の前だけは全く異なる空気が流れていました。
 真夏の日射しが照りつけるところから、少し薄暗い店内へ入ると、そこは静寂を包むような別世界。古伊万里らしいカップ&ソーサーが並んでいます。鰻の寝床のような店内は奥行きがあり、一番奥は小上がりになっているようです。
 後に残ったのは近所に住む常連と見られるお客。おばあちゃんがお湯につけて暖めたカップを取り出しコーヒーを入れてくれました。お品書きはは小さい扇子に書いてあり、「昌平小学校(閉校)の先生が書いたのよ」店の女性が秋葉原の変貌を嘆いているようでした。常連のサラリーマンには愛想がよい店の女性も、一見客には声色を変えて応対していました。物見遊山の客が多く訪れて「またか」と思ったのでしょう。

※2008年6月、秋葉原で起こった事件のことをおばあちゃんはどう考えているのか、非常に気になるところでありました。

コーヒー 360円
千代田区外神田3丁目
日 休
[PR]

# by matsutakekissa | 2008-07-25 22:52 | 千代田区山 | Trackback | Comments(0)  

談話室 トーク

 市ヶ谷駅から徒歩10分くらいの、靖国通り沿いにある喫茶店は、「談話室」という名が示すとおり、かなり古くから経営しているお店のようです。靖国通り沿いにはチェーンのカフェも何軒かあり、いずれもそこそこ混んでいるようでしたが、「トーク」はお客ゼロでした。入口の「氷」ののぼりがヒラヒラと揺れています。
 レースのカーテンや青いベロアのソファが、喫茶店というより応接間の雰囲気で、なるほど店名通り、談話室という雰囲気でした。
 モーニングを注文すると、おちょこよりやや大きいくらいのガラスコップに入った、オレンジジュースが添えられていました。トレイにコーヒー、トースト、サラダ、ゆで卵、ジュースと整然と並べられているのがいいですね。自分は整理魔ではないけど、整然としているのが好きです。
 
※「トーク」は麹町料飲組合連合会のホームページで紹介されていました。

モーニング 500円
千代田区九段南3丁目
営業 朝8時~夜7時 土日祝 休
※1年以上前に閉店になったようで、アジアン居酒屋のような店舗に様変わりしていました。
[PR]

# by matsutakekissa | 2008-07-24 13:03 | 枯れマツタケ | Trackback | Comments(0)  

マイ

 上野駅東側にはバイク関連商品の販売店が軒をつらねる一画があります。いわゆる「バイク街」と呼ばれる所です。そのエリアのど真ん中、しかも昭和通り沿いに小さな喫茶店がありました。
 店内は4人がけの席2つとカウンターのみで、思った以上に小さな店でした。ご夫婦で切り盛りしているタバコ屋兼業店です。
 入り口の看板にはピラフセット800円とあったので注文すると、ご主人が材料を切るところから作ってくれました。できあがったピラフには目玉焼きが二つも載っていて、なんだか得したような、うれしいような。
 手作りらしき木製のメニュー板が奥の壁に掛かっているのもよい雰囲気でした。
 常連らしきおばあちゃんがやってきて、ミルクを注文し、奥さんとオレオレ詐欺などの世間話をしていました。おばあちゃんも店を経営しているらしく、「公衆電話が何度も壊されてお金を盗られていく。もう置くのやめたよ」とのこと。何かと物騒な世間では、おばあちゃんも大変だなあと思ってしまいました。

コーヒー350円
台東区東上野4丁目
土曜日も営業(土曜は朝10時くらいから) 日 休
[PR]

# by matsutakekissa | 2008-07-24 12:48 | 台東区山 | Trackback | Comments(0)