アメリカンホームメイドチーズケーキの味

b0158023_12441680.jpg 電車代を節約するため、代々木上原から京王線方面に歩いていた時のことでした。
 ようやく甲州街道までたどり着き、あとひと息。幡ヶ谷と初台の中間地点を歩いていると、裏道の方に喫茶店がありました。近づいてみると、よく見かける雰囲気の珈琲専門店でした。珈琲豆の対面販売スペースがあり、カウンタースペースにはサイフォンが並び、木製の板にメニューが書かれ、上からぶら下がる光景がありました。
 ドアを開けると、他のお客はいませんでした。専門店らしくコーヒーバリエーションのメニューが色々あって興味をひかれましたが、結局いつもと同じ普通のブレンドとチーズケーキを注文しました。壁には戦闘機や外車の写真があり、その時はマスターの趣味かなあとながめていました。
 しばらくして、「おまたせしました」と運ばれてきたケーキは普通の店の1.5~2倍はあろうかという大ぶりのサイズで、コーヒーもやや大きめのカップになみなみ注がれていました。ケーキは甘さ控えめでチーズの味が効いており、コーヒーもやや薄めであっさりしています。日本風にアレンジされたものでもなければ、甘さの際立つヨーロッパ風でもない。表面はうっすら焼き色が付いていて、中はレアに近い食感でした。

 会計を済ませた時に、店の主人から「ケーキ、大丈夫でしたか?」と訊かれました。想像より大きくて、とてもおいしかったと答えると、ご主人の顔がとたんにほころびました。「これはうちの自家製なんですよ」と言いながら、輸入物のクリームチーズのパッケージを見せてくれました。説明によると、卵とクリームチーズ、砂糖、レモン、コーンスターチを加えたリッチな生地のケーキでした。
 「乳製品のおかげで、私は背が高くなったんですよ。こういう髪型とか鼻の形をしている人、この世代ではなかなかいないでしょう?」とマスターに言われ、改めてしげしげとお顔を見ると、ややわし鼻に長い首、スマートで背の高い体格に、ジェームスディーンのような髪型をされていました。
 そういう格好と体格が自然だったので、言われるまで全く分からなかったけれど、確かになかなかいらっしゃらないですよね。
 マスターは喫茶店を開く前、米軍基地で働いていたそうです。わざわざアルバムを開いて、若かりし頃の写真やご自慢の奥さんの写真まで見せてくれました。これまでの常識がすべてひっくり返ってしまった終戦後、厳しい食糧事情とアメリカの豊かさに触れた世代の方で、マスターいわく、この背と首と鼻は、戦後支給されたミルクのおかげなんだとか。
 食卓の欧米化によるマイナス面ばかりを聞いて育った自分としては、乳製品を称賛し、背丈の高さについてこだわりを持っているマスターの価値観は、少し新鮮に思われました。

 メニューには他にもカレーライス(肉大芋飯とか書いてあったような気がする)やサンドイッチがありましたが、どれもアメリカ仕込みの味なのでしょうか。
 店は始めて35年くらいだけど、家自体は大正のものだそうです。改装されているのか、外観を見る限りはよく分からなかったのですが。最初はよくある珈琲専門店かと思って入ったのですが、まさか、こんなにバックグラウンドをお聞きできるとは思いもよりませんでした。それにしても、人に語れる人生があるって、すてきだなあ。

珈琲専門店 珈和世
渋谷区本町
ブレンド 350円
チーズケーキ 370円
※不正?な処理により写真が消えていたので再掲載しました。

※珈和世は既に閉店されたそうです(eさまからコメントお寄せいただきました)
[PR]

# by matsutakekissa | 2011-07-28 13:00 | 枯れマツタケ | Trackback | Comments(2)  

思いつくまま、つらつら書いてみた

 体調不良のため、しばらくブログから遠ざかっていました。天井をみつめながらふとんに横になっていると、思い出や台詞がよみがえり・・・はするのですが、そのほとんどがどうでもいいことばかりでした。
 その日思い出したのは、自分の母が台所や物干し場で口ずさんでいた歌でした。

 「人のものは俺のもの 俺のものは俺のもの だから地球は俺のもの
 ごきげんだーぁねッねッねッ」(うろ覚えです)

 たしか小学生の時、初めてその歌を耳にしたときはなんとも思わなかったのですが、歌詞をよくよく考えると、盗っ人たけだけしいというか、なんだかとんでもないな!と思ったものです。
 ずっと流行歌のサビだと思い込んでいましたが、ごく最近になってから「ひょっこりひょうたん島」の劇中歌だということを知りました。どういうシチュエーションで、誰に歌われたのかよく知らないのに、歌の記憶だけが残るというのは、なんだか不思議な感じです。母にたずねた記憶もあるのですが、「忘れた」と言ってちゃんと答えてはくれませんでした。

 ひょうたん島といえば、脚本を共同執筆された、井上ひさしさんのエッセイを読んだことがあります。
 そのエッセイはちくま文庫から出ている『東京百話』という本に収められていました。『幕末百話』や『明治百話』のように、その時代に生きた人々のエッセイをアンソロジーとしてまとめたものです。通読すると年表や映像など俯瞰した歴史の流れではなく、その時代の人々の暮らしの細部を覗いたような感覚に陥り、どこから読んでも楽しめる作品となっています。

 井上さんの作品は「喫茶店学―キサテノロジー」というタイトルがついていたので、何か面白い事実が書いてないかと、まっさきに読んだのですが、そこに書いてあったのは、脚本の締め切りに追われ、毎日、喫茶店のテーブルに張り付いていた頃の回顧録でした。そして、締め切りに追われていた仕事はやっぱり「ひょうたん島」でした。
 その頃(1960年代半ば)には、新橋・田村町(現・内幸町)に東京放送会館(NHK)があり、井上さんは仕事場から近い近辺の喫茶店を執筆場所として、転々としていたそうです。
 タイトルこそ「喫茶店学」とはしているものの、喫茶店の経営や業態をまとめたものではなく、利用者の目線で、当時喫茶店とどう付き合っていたかを、若気の至りと表せるような自分自身の言動も加えながらやや醒めた眼で語っています。
 当時、井上さんは脚本書きの仕事場兼打ち合わせ場所として、喫茶店を使用していました。
書き物にちょうどいい机や椅子、集中して書ける席と店内のつくり、気のいい店の人、など、条件が合う店をねじろにし、朝から晩まで過ごしていたそうです。
 ほぼ一日じゅう店にいたのだから、店に落とす金額は相当なもので、店側も気前のいい放送作家に対して、出前のサービス、店のメニューにはないものを出すなど、特別あつかいをしてくれたそうです。
 しかし、店と井上さんとのお付き合いの結末は、決してハッピーエンドではありませんでした。井上さんら、テレビ関係の人間が頻繁に押し寄せた結果、店はそれまでの多くの固定客を失っていったからです。
「騒々しくて雰囲気が悪くなった」「特別扱いでサービスされる客がいる」など、居心地が悪くなったり、環境の変化を感じると人々は別の店に移ってしまいました。
 結局、「ひょうたん島」の脚本を書いていた5年間に、5、6軒をつぶしたのではないか、と井上さんは書いています。

 「ひょうたん島」の台本を読むと、非常事態では力を合わせて敵とたたかう島民たちも、平和が戻るとカネ、時間に束縛され、ほんろうされる日常へと戻っていきます。一見、あらすじは破天荒でばかばかしい展開に思えるのですが、所々に見られるリアルさは、井上さんや、共同で執筆していた山元譲久さんが経験したしょっぱい出来事に基づいて、書かれたものだったのでしょうか。

 さて、話代わって、当時の旧町名と同じ名前のついた老舗洋菓子店「田村町 キムラヤ」が西新橋交差点そばにありますが、井上さんらは訪れたことがあるのでしょうか?
 当時の店の立地や雰囲気から考えるに、おそらく常連で通うことはなかったと思うのですが、一度くらいは打ち合わせで訪れていたかもしれないと想像してみました。
 私の知るかぎり、今では、朝は出勤前のサラリーマンがモーニングコーヒーを楽しみ、お昼はランチ営業、午後~夕方はケーキセットを楽しむ近隣女性で賑わい、時には社用の手土産を買う人がショーケースの前で品定めする、そんなお店です。創業はキリのいい1900年。店のホームページを見ると、銀座の木村屋総本店からのれん分けしたようです。店内には文人などのサインを寄せ書きした色紙もあり、歴史を感じさせます。

 まだ一度も店内を利用したことがなかったので、入ってみました。夕方の店内は仕事を終えたような女性社員の方々でほぼ埋まっていました。接客していたのは、コックスーツに身を包んだ男性2人に女性1人の元気な人たちでした。洋菓子店は、清楚な制服を身につけた店員を別に雇っているところも多くあるので、「作った人が売ってます」というイメージは、意外でした。
 コーヒーとケーキのセットを頼んだところ、400円台のケーキが値引きされ、セットで600円台でした。たまたまかもしれませんが、ココアをまぶしたアーモンド菓子もサービスしてくれました。
 店のロゴ入りのオリジナルカップ・ソーサーで老舗感を演出している割には、手頃な値段で、キラクな感じでした。

 帰り際、ずっと気になっていた擬人化した豚のサインが誰のものなのか店の人に聞いてみましたが、「サインに書いてあるのではないでしょうか?」とのことでした。ということは、これまでもあまり人に訊かれたこともないのかなあ? 筆文字は読めないので、結局、よくわからないまんまです。

※田村町 キムラヤ
港区新橋1丁目 朝8時半~夜8時 土日祭 休
[PR]

# by matsutakekissa | 2011-07-21 18:45 | 港区山 | Trackback | Comments(0)  

後悔は先にたたず

 タイミングの悪さは今に始まったことではないので後悔は引きずりません。ただ、すでに何度か訪れていた喫茶店の廃業や休業を見るにつけ、もっと足を運べばよかった、店の方に声を掛けてみればよかったと思うことはしばしばです。
 銀杏稲荷神社の裏手にあるオノダ珈琲は、以前は土曜も日曜も朝8時前からやっていた店でした。最近は営業時間が短くなったのか、朝から開いているのを見なくなり、平日の昼過ぎに行ってみても、クローズのまま。開店時間が短くなったか、一時休業なのだろうか。でも、辞めてしまっていたのなら残念です。あの時一押しができなかったことが悔やまれます。
 この日も結局、店の閉店すら確認できないまま、表通り向かいにある、ハンモックに入りました。
角の丸いはめごろしの窓が印象的なビル二階の店ですが、外観から広いキャパを想像していると、20席程度のこじんまりした店内に驚いたのを覚えています。以前来た時は中高年のサラリーマンでほぼ満席状態でしたが、この日はお客さんゼロ。何があったのだろうか。
 常連客の定年退職でお客さんが減った
 常連客の会社が移転した
 会社のサマータイム導入で、朝来られる人が少なくなった(これは…ないか)
 このような現象はこちらのお店に限ったことではなく、朝の時間帯はいつでも混んでいた店が、1年後に訪れてみると急にお客が減ってガラガラだった…ということがしばしばです。
 忙しい朝の時間帯は頬を赤く染めて次から次へと入る注文を1人でさばいていたママさんも、今日はなんだか手持ち無沙汰な様子でした。b0158023_85489.jpg
 モーニングセットができるまでの間、店内を眺めていました。壁板や椅子が新しそうなので、近年改装されたのかもしれません。日経にスポーツ新聞など、4、5紙ほどある新聞はどれも手が付けられず並べられています。壁に掛けられたパネル写真は海外の山々を撮ったものでしょうか。照明はランプ型。
 メニューの中で気になっているのが「ロスティ」。たしか、千切りジャガイモと粉チーズを混ぜてフライパンでカリカリに焼いたスイス料理なのですが、他のノーマルな喫茶店メニューにひとつだけ混じっているのが不思議です。
 ちなみに、モーニングセットのAは、ゆでジャガイモにバターを添えたものが付いてきます。他店では見かけないオリジナルの工夫のようですが、このあたりロスティと関係があるのかもしれません。ジャムトースト、チーズトーストにサラダ付きのB、Cセットと比べてもAはお得で、とてもおなかいっぱいになります。b0158023_852139.jpg
ハンモック
中央区日本橋小網町
朝7時半~夕方6時頃?
土日祝 休
モーニングA ハムエッグ、サラダ、ポテト、ロールパン+ドリンク 450円 B チーズトースト、サラダ+ドリンク 400円 C ジャムトースト、サラダ+ドリンク 400円 
[PR]

# by matsutakekissa | 2011-06-14 07:45 | 中央区山 | Trackback | Comments(0)  

らんぷ

 新宿の西口大通りと青梅街道の交差点、通称大ガードのビル地下1階にある喫茶店。ぼんやり歩いていたら、「15分あったら喫茶店に入りなさい」という張り紙が眼にとまりました。
 地階に降りて行くとドアの前には「らんぷ」という名のカストリ焼酎のポスターが貼られています。ひょっとして夜はバー営業のみ? コーヒーNGだったら帰ればいいかと、ドアを開けました。
 表の看板にあったSince 1957という創業年にちょっとだけ期待していましたが、店内は改装されたか建て替えられたかして、シックでモダンな雰囲気でした。店名に忠実だったのは、照明器具がランプの形だったことぐらい。
 カウンターにいたマダムはケーキセットの貼紙をみていた私の視線を見逃さなかったのか、スタッフの女性に「ケーキはまだあったかしら」と確認をしてから、「よろしければケーキセットもできますよ」と薦めてくれました。これで一安心。昼・喫茶店、夜・バーというわけではなく、お客の要望と都合に合わせてくれる店なんですね。

 店の看板メニューのひとつは焼酎のコーヒー割りらしいのですが、メニューにはコーヒーと酒類が半々くらいでした。そのほか「初恋の味 カルピス」、ビワの酒「ビワミン」とか、コピーがそそられるドリンク類もあって迷います。でも結局、ブレンドを頼んでしまいました。

 カウンターにあった「ご自由にどうぞ」のラックに貼られた「大沢悠里のゆうゆうワイド」のステッカーが気になってみていたら、その隣には「ゆうゆうワイド」のカセットテープらしき箱がたくさん並べてありました。
 ちなみに「ご自由にどうぞ」のパンフレットの中身は、ラジオ番組表とかではなく、落語や講談のガイド本でした。数ヵ月に1回、ここで寄席を開催するのだとか。お聞きしたところ、マダムは大沢悠里さんと親戚関係にあるそうです(!)。
 また、壁に飾られていた絵画の数々はマダムのお姉さんの作品とのことでした(渡辺淳一の小説『愛の流刑地』の新聞連載時に描かれたイラストの原画らしい)。
 なんだか芸術・芸能関連とゆかりのあるお店なんだなぁと思っていたら、とどめの一言がマダムから発せられました。「この店がドラマのロケに使われて、今度TVにでます。もし、気が向いたら観てくださいね」
 その言葉とともに渡されたのは1枚のメモ。鉛筆の手書きをコピーしたもののようです。常連客と店に興味を持った客に配っているものなんでしょうか。次回来たお客が「見たよ」って話のネタにするんだろうな。
 放送日時を見てみると、かなり近々でした。以下に記します。
 2011年6月2日(木)ドラマ『ハガネの女』(テレビ朝日系列21:00~)
 2011年6月17日(金)ドラマ『ブルータスの心臓』(フジテレビ系列21:00~)
 なんだかコーヒーとは関係ない情報ばかり書き連ねてしまいましたが、ちょっと目立ちにくい地階にあるので、新宿で休む場所に困った時には使えそうなお店でした。

コーヒー 500円
新宿区西新宿1丁目

※このところTVでよく見る喫茶店といえば、東麻布の「ぶらじる」。なぜか番組内で毎度店内が映ってされているのですが、その番組を最初から最後まできちんと見ていないので、理由をよく知りません。日テレ系列月曜深夜24:30~で、東野幸治と岡村隆史が旅をするという番組内の冒頭、いつもレイコー(?)を飲みながら次の旅先について語るその背後にはいつも「ぶらじる」の屋号入りの飾り用ミニ提灯が。初めて観た時は、「あっ、ぶらじるだ!」とか言ってましたが、何度もそのシーンが放送されると、すっかり背景として同化し、TV局内の控室とあまり変わらないように思えてくるから、不思議な感じです。
[PR]

# by matsutakekissa | 2011-05-29 21:25 | 新宿区山 | Trackback | Comments(0)  

トリコロール

 GINZA 5(銀座ファイブ)地下1階の片隅にあるコーヒースタンド。銀座松坂屋の裏手にあるトリコロール本店の支店です。新しくも古くもない、ごく普通の外観の店です。でも、ずっと前から気になってはいました。中がまる見えのコーヒースタンドでは、マスターもお客も動作の一つひとつがスマートに見えて、なんだかあこがれます。でも、あぁいう場所が似合うオトナにはまだまだ早いと、これまでは前を通り過ぎてばかりでした。
 ひさびさに通りかかると、カウンター10席ほどの小さな店内はお客さんが4、5人入ってほぼ満員。そのほとんどが常連らしく、店内は話がはずんでおりました。そのほとんどが年配の方ばかり。「今なら少しくらいスマートでなくても紛れ込めるだろうか」

 時間を少しずらして訪れてみると、お客さんは少し減ったものの、まだひっきりなしに、入れ替わり訪れています。そんな状態ですから、少しお歳を召したマスターは、動きがとてもきびきびしていました。ペーパードリップに注がれるポットのお湯はすばやく上下運動され、見る間に下のサーバーにたまっていきます。カウンター内の中央には木桶に入った氷が置いてあり、新しい客が来るたび、お冷用の氷をアイスピックで砕いています。
 ところが、世間話で盛り上がっていた店内も、自分が来たことで店の空気や流れを変えてしまったのか、潮が引くようにお客は1人減り、2人減りして、そのうえマスターも急に何かを思い出したように「あっ」と声をあげて、店を出て行ってしまい、自分だけが取り残されました。
 ほどなく、新しいお客さんがやってきました。マスターのいないのを見て、ちょっと困った顔。思わず目が合いました。
 「(マスターは)いいお歳なんだから、どこかで倒れでもしたら困っちゃうわ」と話しかけながら、戻りを待つことにしたようです。「今どき、コーヒーをちゃんとたててくれる店なんてなかなかないわよね」この店は40年くらいやっていて、マスターはもともと高島屋か三越だかのトリコロールのコーヒースタンドで働いていたのだとか。「当時は喫茶店があんまりなかったし、マスターの仕事は新しくてしゃれた職業だったのよ」ここの店は改装して少し広くなったそうですが、昔は今より狭かったにもかかわらず、人を1人雇うくらい忙しかったのだとか。「私、企画宣伝部みたいだけど、また、近くに寄ったら店に来て見てね」
 そうこう話しているうちに、マスターが戻ってきました。長年のおなじみさんらしく、マスターとのやりとりも丁々発止、聞いていて小気味がよかったです。
 コーヒーもトーストもおいしかったけれど、それ以上に何か心が満たされる処でした。

コーヒー 350円 コーヒー+トースト、ホットドッグなどのサービスセット 450円
中央区銀座5丁目
確か朝平日朝7時~夕方6時か7時ごろまでの営業だったと思います
土日も営業しているそうですが、朝は10時から
※銀座ファイブのHPにお店の紹介があります
www.ginzafive.com/
※2在りし日のトリコロールのコーヒースタンドの写真がどこかになかったかと『建築写真文庫【再編】』をめくってみたら、有楽町フードセンター(現・銀座INZ)の「銀座トリコロール」と数寄屋橋ショッピングセンターの「トリコロール」がありました。数寄屋橋ショッピングセンター(現・銀座ファイブ)の方の写真には現在と同じカーブしたカウンターと目隠し用の衝立が写りこんでいましたが、エスプレッソ用マシンが置いてあるのが大きな違いでした。で、肝心の三越だか高島屋だかのデパ地下(地下じゃないかも)の支店は載っておりませんでした。あと、「銀座トリコロール」と「トリコロール」の違いも何か気になる・・・。本家と暖簾わけで店名が違っているのかな?ちなみに仙台市内にも「トリコロール」という喫茶店がありますね。これは東京・銀座のトリコロールの支店なんだろうか?
※3【註:憶測です】結局、全国展開している「トリコロール」とは、キーコーヒーグループ事業のひとつのようです。「銀座トリコロール」とチェーンの「トリコロール」の間の関係はよくわかりませんが、過去には関係があったものの、現在、経営は別々だと思われます。全くうらをとっていない憶測です。
[PR]

# by matsutakekissa | 2011-05-26 12:23 | 中央区山 | Trackback | Comments(0)