<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

駅構内の喫茶店(岐阜・養老)

 ある夏の終わりに、三重県桑名市を旅行し、そのついでに養老公園内にある「養老天命反転地」を訪れました。桑名駅から養老鉄道に乗り込み、養老駅に到着すると真っ先に目についたのは「乗って守ろう養老鉄道」の大きな垂れ幕でした。ここも廃線の危機なのでしょうか。
 養老天命反転地へは、駅から歩いて10数分でした。その名前を知った最初は、何かの宗教関連施設かと思ったのですが、実際のところは屋外体験型現代アートの公園でした。パンフレットにある「もののあわれ変容器」、「極限で似るものの家」など、いわくありげな名前に心ひかれましたが、面白い形の造形物は、そこに近づいてみるだけなのに、意外と骨が折れます。その日が猛暑日だったこともありますが、足元が悪いので、うっかりすると転んでしまいます。元々の趣旨として、起伏や斜面をつくり歩きづらくしてそれを体感することでバランス感覚や方向感覚、知覚などを養う目的があるらしいのですが、開業から10年以上も経過すると、木々が大きく成長してしまい、さらにハードさを増しているようです。

 さて、養老駅構内には土産物屋兼喫茶店がありました。入り口ドアの木枠にはガラスがはめ込まれ、「千歳」と書かれており、その上には回転灯がついていました。回転灯は、中京地域を中心とした西日本の喫茶店ではよくみかけます。
 壁に貼られたプレートを見ると、この店は養老の滝近くの旅館「千歳楼」が経営しているようです(後でサイトを調べてみると、千歳楼(せんざいろう)は江戸・宝暦の創業250年の老舗旅館でした)。御品書きに養老サイダーとあったので、入ってみることにしました。
 駅にも周辺にも観光客の姿はほとんどみかけません。みな、車で訪れるのだろうか。店内の窓からは駅のホームにある、藤棚のようにあつらえた「ひょうたん棚」がありました。
歩き疲れた身体にはこのサイダーと、開け放した窓から吹いてくる風が、ありがたく感じられました。

 ずっと店に居続けるのも退屈だったので、駅の待合室で電車を待つことにしました。その数十分の間には意外にもさまざまな人間模様がありました。長距離サイクリングの最中で、道を聞きにきた若い男の子たち、本日泊まれる宿があるかどうかを聞きにきた若い2人連れ。 応対するのは、喫茶店のおかみさんと、たまたま居合わせたご近所のお母さんでした。
 自力で調べるのもいいけれど、だれかに尋ねることで、地元の人とコミュニケーションがとれ、また旅の思い出が増えるのだろうな。なんだかほのぼのとする光景でした。
b0158023_21342618.jpg
千歳
岐阜県養老郡養老町

養老サイダー 320円
ホットコーヒー 320円
[PR]

by matsutakekissa | 2011-09-16 21:40 | 旅編(東京都以外) | Trackback | Comments(0)  

ハルキ

 9月に入り、ようやく猛暑もおさまってきました。晴れの日でも吹く風は涼しく、秋を感じさせます。こんな時、思い出すのは、赤羽駅前の「梅の木」という喫茶店です。過ごしやすい時期になると、いつのまにか「コーヒーのおいしい季節になりました」という貼紙が貼られていて、通りかかるとつい、コーヒーが飲みたくなってしまいます。
 さて、枕はこれくらいで本題に入らなければ。

 五反野の商店街は駅を挟んで南北に商店街が続いています。この商店街は個人商店もまだまだあるため、三味線、傘と履物の店など、思わず入りたくなるような店構えを見るだけでも楽しいのです。
 駅から続く商店街を北方面へ歩き、六叉路交差点を越え環七方面に20分ほどバス通りを歩いたところに、一軒家の喫茶店があります。外観はごく普通の喫茶店という感じなのですが、店内に入ると、壁一面に貼られた昔のアメリカ映画のポスターやレコードジャケットに目をうばわれてしまいました。
 渋谷、新宿などの繁華街にあるヤング向けの飲食店、ファッション用品店ならあっても似たようなインテリアもあるでしょうが、これが郊外の店だと印象深く感じます。

 看板には「珈琲の店」とありますが、カレー、スパゲティにBLTサンドもある軽食の店でした。コーヒーを注文すると、分厚く白いマグカップに、アメリカンコーヒーが出てきます。

 店内にはマンガも揃っていたので、途中巻まで読みかけの「20世紀少年」を選びました。このマンガの独特の世界である、日本の60年代と現代(パラレルワールドと言い切って良いかわからないが)を行き来するような感覚が独特の持ち味なのですが、それと店の雰囲気、BGMのオールディーズ・ソングによって、時空を越えているかのような不思議な気持ちになりました。

 店内に飾られていたもので印象深かったもののひとつに、ローレルアンドハーディのイラストの看板がありました。お店の方にお伺いしたところ、看板は購入したものだが、ポスターなどは映画館から譲り受けたものが多いそうです。
 合わせて気になっていたカウンター脇、天井近くに貼った紙にある「Music, Martinis, and Memories」の文字の由来を聞いてみたら、「あぁ、あれは通風孔をふさぐためにつけただけ」とのこと。あんまり語呂のよい文句だったので、ネット検索してみたところ、こちらはJackie Gleasonという方のアルバム・タイトルだということがわかりました。なるほど、勉強になりました。
b0158023_12561212.jpgb0158023_12562546.jpg















ハルキ
足立区青井5丁目
ブレンドコーヒー 380円
朝9時~5時 日曜 定休
[PR]

by matsutakekissa | 2011-09-08 21:40 | 一本マツ | Trackback | Comments(0)