カテゴリ:中央区山( 32 )

 

ばらーど

 うどんすきの「美々卯」の近く、周囲を背高ノッポのビルに囲まれた雑居ビル2階の喫茶店。
 やや切り絵っぽい店名のロゴの上には「コーヒーを楽しむ店」と書いてありますが、珈琲専門店なのでしょうか。入口階段付近に貼られたメニューではブレンド330円。とっておきの一杯を楽しむというよりは、「コーヒーを手軽に楽しめる店」という意味合いにとれました。季節を感じさせる七夕かざりに少しほっとして、階段を昇っていきました。
 ドアを開けると、想像した以上にこじんまりした店で、細長いつくりをしていました。キャパからして、ゆったりするタイプの店ではありませんが、結構な数のお客が出たり入ったりしていました。お客のほとんどは顔なじみばかりのようで、「おはようございます」と挨拶する人たちも。
 と、ここまでは喫茶店にありがちな風景でしたが、珍しかった点は、女性の常連客が多かったこと。この界隈で働くキャリア・ウーマンという風貌の人々がさりげなく訪れ、スマートにコーヒーを飲んで立ち去る、という姿を、まさかシアトル系カフェ以外でみることになるとは、思いもよりませんでした。

コーヒー 330円(モーニング時は300円)
モーニングセット 460円(ホットドッグ、ハムトースト等が選べます。サラダ+飲み物付き)
営業 朝7時半位?~
土曜も営業(おおかわさんの情報です。ありがとうございます)※べつだん期待もせずに注文したハムトーストが意外とおいしかったのが驚きでした。両面をこんがり焼いた薄焼きトーストにハムを挟み、サンドイッチのように耳を落として、4分の1カットで出されます。
[PR]

by matsutakekissa | 2009-09-10 21:22 | 中央区山 | Trackback | Comments(2)  

 土砂降りの雨の中、足早に社に向かう人の波を外れ、訪れた喫茶店。
 オフィスビルとビルの間にある立地のため、目立たない外観です。店内は少なくとも床とイスが新しくなっていましたが、壁に掛けてある屋号入りの提灯が店の歴史を物語っているようでもありました。
こんな雨模様にもかかわらず、常連らしき客が静かにコーヒーを飲んでいます。
 服がびしょ濡れで焦っていたところ、店主がお冷といっしょにさりげなく、白いタオルを差し出してくださいました。石けんとお日様の匂いがするタオル。傘を忘れて濡れねずみで帰宅した小学生の頃を思い出し、少しぐっときました。ありがたや。
 コーヒーのソーサーとモーニングのお皿は同じ木製でした。ホットドッグとミニサラダ、ゆで卵がきれいに盛り付けられていて、崩して食べるのがちょっともったいなく感じました。
 
モーニングセット 480円
朝7時半~夕方5時 土日祝 休
中央区日本橋1丁目
  

 
[PR]

by matsutakekissa | 2009-09-04 12:59 | 中央区山 | Trackback | Comments(0)  

デルフリ村

 デルフリ村。どこかで聞いたことのあるような、ないような名前だと思っていたら、『アルプスの少女ハイジ』なんですね。チロリン村みたいなものかと思っていました。

 清杉通り沿いからも赤いひさしがよく目立つ茶色の外壁のビル2階の喫茶店。当初は別の店に行くつもりでしたが、目指す住所の地番では、ビル取り壊しの真っ最中でした。慌てて周囲を見渡すも、開店前だったり既に閉店していたため、こちらへ入ることにしました。
 1階はリトル・マーメイド。タカキ・ベーカリーが展開するチェーンのパン店ですが、こちらのお店は古くからやっているようです。ちなみに、ハイジの白パンという、こぶし大のホワイトブレッドが2個くっついたパンも売られています。
 何はともあれ、2階へ。広々としたフロアには、サラリーマンがただ1人。店は1階のパン店と経営が同じようで、モーニングのサンドイッチパンはライ麦か全粒粉の生地でできていました。卵サンドのフィリングもついてきて、普通の喫茶店ではまず、見られないメニューです。そういう色眼鏡で店の方を見ると、マスターというよりパン屋のおやじさんにも見えてきます。
 帰り際、階段途中のショーウィンドーには、コーヒーカップ等に交じり、おびただしいフィギュアと、アニメ画が飾られているのに気付きました。恐らく後で付け加えた飾り物が、前からあるコーラのびんやコーヒーカップと馴染んで同居しているさまが面白かったです。


モーニング 450円
中央区東日本橋2丁目
朝7時半?夕方7時?
定休不明
[PR]

by matsutakekissa | 2009-06-19 12:58 | 中央区山 | Trackback | Comments(0)  

コーヒー&スナック みやざわ

 銀座8丁目、外堀通りの裏は銀座の外れ。銀座ナインとその上を走る高速道路の下をくぐれば、すぐ新橋が見えてきます。スナック、パブ、クラブ等がひしめく歓楽街は、夕方前の時間帯は人通りがほとんどありません。ペンシルビルの壁に並ぶ看板を下から見上げ、1つ1つ店名を読んでいたら、首筋が痛い。やっぱり、こんな場所に昼の店なんかないだろうな。
 ところが、こんな場所に不釣合いな「コーヒー スナック みやざわ」と書かれた看板がありました。シャッターがぴったり閉じていて、本日はお休み。
 早速この話を会社の同僚にすると、意外にも上司が食いついてきます。「あそこは有名だよ。でも、夜は1人で行かない方がいい。夜の銀座で働く人の溜まり場だから」。朝は昼頃からのオープンで、週末は休みだそう。
 という理由から、1人でなかなか行けませんでしたが、どうにか主人を説得して付いて行ってもらったのでした。こういう前情報を、時に有難迷惑というのだろうか。週末前の平日と深夜帯を避け、夜の銀座へ繰り出しました。
派手に着飾ったキャバ嬢が闊歩しているのかと思ったら、自分の前を行く女性は、意外と普通の格好です。隣には彼女のお父さんくらいの年齢のサラリーマンの姿がありました。
 店の前では出前を運ぶ店員さんの姿がありました。白い制服姿で、きびきびと働いています。
 入口のガラスドアにはなぜか富士山のマークが入っていて、富士信仰めいたものを感じました。ゲンかつぎなんだろうか。
 店の方は、我々の時は「いらっしゃいませ!」、常連の時は「おはようございます!」と使い分けています。店内も外と同じく、夜の銀座で働く方々でいっぱいでした。同伴出勤のおねえさんには「いってらっしゃい」と送り出します。
 わかっちゃいたけど、少し独特な世界で、連れがいてもどうにもちょっと落ち着かない。こっちはアフターで、大半の客はオンタイムっていうのも、ちょっと気が引けます。
 上司に教えてもらった店の名物、ヒレカツサンドはまい泉のカツサンド風の味がしておいしかったのですが、あまりゆっくりと味わうことはできませんでした。

コーヒー 420円
ヒレカツサンド 900円
中央区銀座8丁目
昼前~深夜 土日祝 休
 
[PR]

by matsutakekissa | 2009-06-10 13:01 | 中央区山 | Trackback | Comments(0)  

ライフ

 清澄通り沿い、バス停の前にある喫茶店。その日、通りをぼんやり歩いていたら、緑色のひさしと、入口のドアガラスに刷られた古そうなロゴが目に入り、思わず立ち止まってしまいました。
 ドアを開けて目に飛び込んでくるのは、ソファーの茶色。大理石のマーブル模様のテーブル、分厚くていコーヒーカップ。何から何まで、古い、という点では完璧な喫茶店でした。
 そして、ちゃんと近所の方で賑わっているのも、当然かもしれないが、すばらしい。店の人は常連さんに声をかけながら、てきぱきと働いています。そんな店員さんに「ランチはありますか?」と尋ねたら、「ランチはないんですよ」と言われ、ちょっと悲しいような、うれしいような。それまで、ランチ目当てで訪れた人ばかりだろうと、それまでタカをくくっていたのです。
 「ランチのあるお店、ご紹介できますが、そちらへ行かれますか?」とまでおっしゃってくださいましたが、食べてから、また店に戻るのもちょっとはずかしいので、コーヒーだけ頼むことにしました。
 会計時、店奥のメニュー表を見るとパン類が豊富で、近くでサンドイッチを食べているお客さんの席からはよい香りがしました。サンドイッチを頼むべきだったなと、少し後悔してしまいました。
コーヒー 450円
中央区月島1丁目
※日曜休み、土曜は不定休のようです
[PR]

by matsutakekissa | 2009-06-09 12:56 | 中央区山 | Trackback | Comments(0)  

壱番館

 新富町駅出口そば、角地という大変分かりやすい立地ですが、なかなか開いているタイミングに出会えなかった店。
 この日の朝、店は何事もなかったかのように営業しており、店内には出勤前のサラリーマンが何人もいました。以前、同じ時間に訪れて閉まっていたことを思い出して、一瞬、狐につままれたような気分になります。
 年配の男性の店員さんが2人いて、黒の蝶ネクタイとワイシャツを着用していました。ちゃんと店名入りの刺繍がされています。渡されたメニューによると、モーニングは朝7時半から10時半まで。ちょっと混乱。早朝営業していなかったあの時は、店の方の都合で営業時間を短縮していたのだろうか。
 店には壁画があり、『壱番館』と彫られていました。出てきたコーヒーカップにも店のロゴ入りで、もしかしたら、壱番館には他にも支店があるのだろうか、と考えてしまいました。

モーニングセット 480円
中央区新富2丁目
朝7時半~夕方6時?
※土日祝 休のようです
 
[PR]

by matsutakekissa | 2009-06-05 12:52 | 中央区山 | Trackback | Comments(0)  

NAC(ナック)

 永代通りは永代橋のたもとにある喫茶店。街路樹の陰に隠れてあまり目立ちません。
 3年ほど前、門前仲町から茅場町まで歩いた時、たまたま店の前を通りかかりました。カフェテラスのような新しい雰囲気で、外国の絵本に出てきそうなイラストのシールが窓に張られていて、少し気になる存在でした。
 その日、久しぶりに前を通りかかったところ、店に明かりがともっていたので迷わずドアを開けました。「4時半で閉店なので、あと20分くらいですが」とのこと。カウンターのご主人は明日用の仕込み中なのか、包丁で何かを刻んでいます。店の前の立て看板に書いてあるスパゲティ、サンドイッチなどの軽食を頼みたいところでしたが、控えることにしました。
 改装された店内なのか、テーブル等の調度品は少し古め。伝票の裏には「毎度有難う御座います」などの文句ではなく、喫茶ナックのお薦めメニューが印字されていました。
 いつか、また昼ごろに来たいなあと思いつつ、店を後にしました。

コーヒー 430円
中央区新川1丁目
朝9時~夕方4時半
土日祝休みのようです
[PR]

by matsutakekissa | 2009-04-15 12:57 | 中央区山 | Trackback | Comments(2)  

千里軒

 以前、森下の「千里軒」でお伺いした、のれん分けになったと思われる浜町の喫茶店に行ってきました。
 健在だとは最近まで知りませんでした。近くを歩いていて、偶然目にした看板が「千里軒」。森下と同じように、ホットドッグのメニューもあったので、「これが本店に違いない」と勝手に確信した次第です。
 ロイヤルパークホテルの裏手にありますが、店は数年前に改装されたらしく、古い店のおもかげはほとんどありません。
 扉を開けると、小さな店には朝から常連客3人とマスターがいて、NHKの朝ドラマを見ていました。道路側に設置されたテレビは新しく、その下辺りにバナナやゆで卵が単品で売られています。
 モーニングを食べる時間はなく、とりいそぎコーヒーにしました。マスターはコーヒーを入れると、再びテレビに集中しています。よく見ると、マスターもコーヒーカップを手にして飲んでいました。居酒屋なら酒飲みながら仕事するのはよく目にしますが、喫茶店では珍しい。
 逆三角形型の分厚いカップに入ったコーヒーは、ネルドリップ式の濃いやつで、そのあたりも森下の店と同じ(訂正とお詫び:カップの形状もコーヒーの淹れ方も異なっていました。千歳の店ではサイホン式でした。2010年7月)マスターに「森下の店、知ってますか?」と尋ねかったけど、他の客との話の最中で、聞くことができなかったのは残念でした。

コーヒー 350円
中央区日本橋蛎殻町2丁目
朝8時~7時半
多分土日祝日お休み
 
[PR]

by matsutakekissa | 2009-04-10 13:04 | 中央区山 | Trackback | Comments(0)  

和多

 日本橋で用事が終わったのは、ちょうど昼どき。各ビルから一斉にランチに繰り出す人の波。界隈を物色していると、どこもあっという間に座席が埋まり、完全に出遅れてしまいました。
 その後、大通り沿いにあった店のことを思い出しそちら方面に向かいました。1階のラーメン屋は行列ができるほどの混雑ぶり。行列の間をすり抜けて2階へと続く階段をのぼりました。
 縦に長い店の奥がカウンター席、窓際方面に向かってテーブル席が数席。よい席は既に先客で埋まっていました。グループも1人客もみなもの静かに過ごしています。
 「ランチは何がありますか?」と聞くと、「ビーフストロガノフ丼としょうが焼き丼です」とのこと。下に出ていたカレーライスはないのか。10円でも安く済ませたいので、後者を選択しました。
 カウンターには2人のおばさんがいますが、見た目がおっとりした感じで、てきぱきとさばくタイプではありません。15分が経ち、さっさと社に戻ればよかったかも・・・と後悔しはじめた頃、「おまたせしました」と声がして、丼が登場しました。
 ご飯の上に炒めたもやし、その上にしょうが焼き、トッピングは青じそ、海苔、ゆで卵。ちょっと凝った丼でした。時間が無くてがっついて食べるのがちょっと申し訳ない。食後のコーヒーも舌が火傷してしまいました。
 会計時に、申し訳なさそうな顔のおばさんに再度、「お待たせしてすみませんでした」と言われ、改めて後悔。今度来るときは余裕をもって行こうと反省しました。

しょうが焼き丼 800円 コーヒー 380円
中央区日本橋室町
昼頃~夕方5時?6時?
土日祝 休
 
 
[PR]

by matsutakekissa | 2009-03-19 13:00 | 中央区山 | Trackback | Comments(0)  

ポニー

 茅場町、水天宮、人形町。狭い範囲に地下鉄の駅がたくさん。都心はどこもそうですけど。オフィス街で喫茶店の数も多く、どこに入るか思案中でした。
 新大橋通り、銀杏八幡の裏手にある「ポニー」。店の前に立つとスモークガラスの向こうのマスターと目が合い、吸い寄せられるように入店していました。
 外観も店内も装飾華美の真逆をゆく店です。以前、神保町のエリカで、客が「東京の喫茶店は、店内を飾ってない店が多いよね」と言っていた言葉を思い出します。
 地味好きの悲しい性なのか、ごくごくフツーの店が好みです。やや古い書体の看板、何気ないソファの色味や床、照明、壁の色で入店するかどうかを決めてしまう。
 お客は近くで勤務するサラリーマン1組と、私服姿の若い男女1組。もしかすると同業者? 朝からご苦労様です。
 メニューが見当たらないので、ウェイター係のママに聞いてモーニングを注文しました。半熟卵、3つに切り分けられたトースト、サラダと平均的な内容に平均的な値段でした。
 時刻は8時半を過ぎ、TVニュースが始まります。店にいた皆が一斉にTVに注目し、ママの首相批判の一言で、井戸端会議店の始まり。和やかなムードになってきましたが、そろそろ出社時間で名残り惜しみつつ店を出ました。
モーニングセット 460円
朝7時半~夜7時 土日祝 休?
中央区日本橋蛎殻町



 
 
[PR]

by matsutakekissa | 2009-03-15 13:57 | 中央区山 | Trackback | Comments(2)