「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:台東区山( 51 )

 

ロダン

 b0158023_1243286.jpg国際通りの裏手、住宅街にある喫茶店。いつ営業しているのかさっぱりわからないため、平日の朝に訪れると、まだ早い時間というのに客席はほぼ満席でした。
 場所が場所なので、自分以外は近所の常連さんばかりでしたが、マスターから「いらっしゃいませ」と元気に声を掛けられて、店の空気にスッと馴染むことができました。
 お客さんはほとんどが一人で来ている方ばかりのようで、タバコを吸ったり、新聞読みながらコーヒーを飲んだり、モーニングを食べたりと、思い思いのひとときを楽しんでいます。時折、マスターに話しかけるお客さんがいるも、店内は静かなものでした。
 店の客席側には大きな窓がありますが、全体に褐色のレースカーテンが掛かっています。そこから差し込む朝の光が美しく、雰囲気がありました。
 その後2回ほど朝の時間に訪れましたが、やっぱり混んでいて、座るのはいつも同じ席でした。
 時間帯を変えるため、ある日の週末に訪れると、お客は誰もいませんでした。朝は常連客で必ず埋まっている席に初めて座りました。いつもとは違う場所から店内を見渡すと、あることに気付きました。
 天井には分厚いガラスがはめられた変わった形のシャンデリア。壁紙は凸凹でエンボス加工がされていました。カウンターには「考える人」の像も。そうか、これが店名の由来なんだなあ。
 その日は暑かったので、何もせずぼんやりとして涼んでいると、やがて、窓ガラスに人影が差し込み、新たなお客さんがやってきました。マスターとおしゃべりを始めたのですが、途中からお客さんの方がマスターの聞き役になっています。朝の様子から寡黙なマスターだと思いこんでいたので、ちょっと意外でした。

 ロダンの看板を見ていて気になることがありました。照明看板はロバート・ブラウンのロゴ。店のメニューに現在、アルコールはなかったはずです。開店当初、ロダンはお酒を出すスナック喫茶として出発していたのでしょうか。ちなみに、ロダンのすぐそばにキャラバンコーヒーのロゴが入った看板を掲げた喫茶店がありますが、現在そちらはカラオケ喫茶となっています。それぞれの店舗は開店当初から時間を経て、店のジャンルが変わってしまったようです。

モーニング(トースト、ミニサラダ) 400円
台東区竜泉3丁目
朝7時頃~
土曜日は営業、日祝休みのようです。

b0158023_12425119.jpg
[PR]

by matsutakekissa | 2011-10-14 22:24 | 台東区山 | Trackback | Comments(0)  

小沢サンのおかげ

 小沢さん、といってもイチロウでもセイジでもケンジでもなくて、小沢昭一さんです。昨春、図書館でふと小沢さんの著書を手に取っていらい、すっかりあの文体のとりこになりました。
 軽妙な話術が評判のラジオの長寿番組「小沢昭一的こころ」の雰囲気を生かしてか、エッセイの文体はあくまでも口語調。さらりと流れるような文章の中にも、知識と経験をモノにした人にしか書けない表現があるのですが、もちろん、ひけらかすようなことはしていません。気が付くと、まるでお話に耳を傾けるかのように、「うん、うん、そうそう・・・・・あははっ」と、そちらの世界に身をひきずりこまれてしまうのです。

 著書の一つ、『ぼくの浅草案内』(講談社、1978年)では、浅草とその周辺(蔵前、向島、三ノ輪)エリアの史跡、神社仏閣、旨い物屋などが多数掲載されている、浅草入門書です。よく知っているはずの神社や寺でも、境内の碑や云われまでは知らないことばかりで、「じゃあ、今度行ってみようかな」という気持ちにさせられます。
 もっとも、小沢サンは最初に「私は浅草生まれでも育ちでもないヨソモノ」と断りを入れ、後書きでは「旧蹟などに関しては、その道の専門家ではないから、今まで読んだ話や聞いた話のウケウリです」と謙遜していますが、よく調べてあるし、興味のセンスがイイ。また、小沢サンが「ソトのオフロ」と呼ぶところの「吉原ソープ街」についても、詳しくページを割いているので、その道のファンにとっても興味深いのではないでしょうか。
 
 この本の最後には「うまいもの店一覧表」という付録がついていて、本書で紹介できなかった浅草周辺の料理屋、土産処を簡単なコメントと地図付きで、約130店紹介しています。1978年当時の店だから、現在は既に閉店している店舗もありますが、浅草という土地柄か、意外と今でも営業を続けている店の多いことに驚かされます。
 喫茶店も何店か掲載されていました。「アンジェラス」「ハトヤ」「クラウン」「ダンケ」「ベルコーヒー」「ローヤル」・・・。みな、知っている店であり、行ったことのある店です。なんだかうれしくなりました。
 その中で一軒、店は知っているものの、一度も訪れたことのなかった雷門の「マーチ」に行ってみることにしました。
 浅草にしては珍しく日曜祝日がお休みの喫茶店ですが、休む理由は、雷門通りの向こうにあるからかもしれません。観光地と住宅地は通りで隔てられているのでしょう。
 これまでこちらの店に行かなかったのは、どうもコーヒーが高そうだからという、単純な理由からでした。水出し珈琲が名物らしいのですが、一杯680円也。400円以上のコーヒーを高級という基準にしている自分にとっては、ちょっと敷居の高い店でした。
 浅草でお祭りをやっている日、どさくさに紛れて店のドアを開けました。カウンターだけの店内はほぼ満席です。最初、フリの客に見えた若い男女は、これから仕事にでかけるような慣れた雰囲気で店を出て行きました。奥の席は常連さんたちがママさんと会話をしています。飲んでいるのはコーヒーではなく、アサヒのスタウト風ミニボトル。カウンター横の冷蔵庫を勝手に開け、瓶を取り出す姿は、居酒屋のお客のようでした。
 「どうぞ、ごゆっくり」の一言とともに出されたコーヒーを飲みながら店内を見渡すと、置かれた写真が目にとまりました。サックスのような楽器を抱えた男性は、どうやら海外のミュージシャンのようです。カウンターには横浜の「キャラバンコーヒー」の缶があり、ゴールデンキャメルも飲めるとのことでした。

 職業不詳、人種もさまざまな人たちが醸し出す独特の雰囲気が浅草にはあり、小沢サンはほめ言葉として「ウサンクサイ町」と表現していますが、「マーチ」も、その可愛らしい店名とはうらはらに、実に浅草らしさが感じられる名店でした。

マーチ
台東区雷門2丁目
朝10時~夕方6時 日祝日 休み
ブレンドは確か580円でした。
[PR]

by matsutakekissa | 2011-02-16 00:36 | 台東区山 | Trackback | Comments(4)  

瀬羅夢

 JR浅草橋駅西口徒歩3分の裏通りにある喫茶店。これまで何度か入店を試みましたが、やってなかったり、入ろうとすると、入口付近に車が停めてあったり、店の前が工事中だったり。そんなもん気にせずに入ればよいのだけれど、初めて入る店はいつでも気構えてしまい、小さなことに気持ちが左右されてしまいます。

 で、昨年の梅雨入りのある朝、ようやく入ることができました。外観も内装も珈琲店というよりスナックに近いものがありましたが、何より強烈なのはお店のママのキャラクターでした。「いらっしゃいませ」と元気な声に迎えられ、一つだけ空いていたテーブル席に座りました。
 15人も入れば満席になりそうな大きさで、お喋り好きの常連さんが集うお店ですが、店のママさんは元気で愛想がよく、一見にもわけへだてのない接客なので、風通しのよい雰囲気です。
 モーニングはトースト3種類(たしか、ハム、チーズ、ジャム&バターでした)に、ドリンクがついてきますが、このお店のすごいのは、おかずがバイキング形式で食べられ、さらにみそ汁がついてくること!
 カウンターには大皿や鉢に盛られたおかずが所狭しと並べられ、どれも美味しそうです。冷やしトマト、ウィンナー炒め、お新香から、みょうがと青じそを挟んだはんぺんサンドや、ナスの揚げ浸しなどの凝ったおそうざいまで、7、8種類もありました。ここで毎朝食べられるお客さんは幸せだなあ。
 8時になると、それまで民放を流していたTVは、NHK総合に切り替わりました。「ゲゲゲの女房」は、この店でも大人気。ヒロインなどの人物が何か言うたびに、合いの手と笑いが入るくらいです。
 壁には養生訓のようなものが貼られていましたが、ここのお店のママさんや常連さんのように、毎朝早起きで、よく笑い、喋っていることこそ、健康のひけつなんでしょうね。

b0158023_12565838.jpg
モーニングサービス 350円 コーヒー 350円
台東区浅草橋5丁目
朝は確か5時台から営業しているとお聞きしました
土曜日も大体営業しています。日曜祝日営業はたぶんお休みです。
[PR]

by matsutakekissa | 2011-01-24 12:53 | 台東区山 | Trackback | Comments(0)  

ナッツ

 浅草通り裏手、小学校近くの喫茶店。観光客相手の店ではないようで、日曜はお休みです。
 タイル貼りマンションの1階にあり新しそうな外観でしたが、店内の壁は一面ベニヤの板貼、床とテーブルも同系色でまとめられ、落ち着いた雰囲気です。 
 入口付近は狭い感じに見えますが、奥の方が広がりがあり、ゆったりとしています。カウンターでマスターを相手にくだを巻く地元のおじさんは、交わす言葉の端々から、少なくとも会社づとめをしているような人ではなさそう。ちょっと若いご隠居のようにもみえる、職業不詳の方でした。浅草らしいといえばらしいのか。
 コーヒーの値段はこの10数年ほどは据え置きなのか、リーズナブルでしたが分量は減らしているようで、カップに6分目ほどしかないのが残念。ステンレスのミルクピッチャーにもミルクは半分弱。雰囲気はよいのに、これじゃ長居できないなあ。
 ちなみに安いのはコーヒーのみで、その他ドリンクは他店と同じくらいの価格(500円前後)に跳ね上がっていましたが、スナック類(ハンバーグサンド、オムライス、ピラフ、カレー、スパゲッティー)はきわめて低価格でした。

コーヒー 340円
台東区雷門1丁目
日 休み
[PR]

by matsutakekissa | 2010-03-02 23:04 | 台東区山 | Trackback | Comments(0)  

ひるとよるの喫茶店

 三ノ輪駅近くの、昭和通りと国際通りの交差点には、通りを挟んで対照的な喫茶店が2軒あります。一方が昼さがりの茶のみ話風な店なら、もう片方は1日の終わりをゆったり過ごすようなスナック風内装の店でした。

 昼型の店の名は「クロス」。店は国際通り沿い、昭和通りとの交差点の前にあって、陸橋に隠れてしまっています。窓に貼られたイラストは、カップルがテーブルを挟んで向かいに座るシルエットです。
 ビル1階にある店への入口は奥まっていてマンション廊下内にあるため、道案内代わりにペンキで塗った足跡がついています。
 駅そばだからか、打ち合わせの客や常連客で店内はほぼ満席。店内の壁にはお品書きの短冊がずらりと貼られていて、定食や甘味まで揃っているのが意外でした。それと対照的なのが道路に面した窓に貼られた英語でcoffeeとかmorning setなどのメニュー。こっちは近隣に住む外国人へのPRでしょうか。
 店を切り盛りするのは白髪のマダムでしたが、そろりと店に入ってしまったことでしばらく気づかず、お客の目が自分に注目したところで、「あっ、すみませんね」と、お水を持ってきました。
 マダムと同世代か少し上くらいのおばあさんがしきりに愚痴をこぼしていて、話にずっと付き合わされているようでした。家の者がみんな、自分の言うことを聞いてくれない、特に嫁がひどい、と言っています。身内に相談相手のいないおばあさんはさみしそうでした。

コーヒー 370円 モーニング 450円
朝8時半~夕方6時半くらい?
台東区三ノ輪1丁目
日曜休み



 夜の喫茶店「ライフ」は昭和通り沿い「クロス」とはほぼ斜め向かいの立地です。窓ガラスの文字にはcoffee & pubとありますが、現在は夜のスナック営業をやめてしまい、夜8時まえには閉店しているようです。
 ドアや窓ガラスは色つきの加工が施されており、中の様子がよくわかりませんが、奥行きは意外と広く、大手写真週刊誌やスポーツ新聞が揃っています。窓の光が届かない奥に行けば行くほど照明が暗くなり、スナック色が濃くなるようです。
 丈の短めの黒いスカートを履いた店のママもやっぱりスナック風でしたが、淹れてくれたコーヒーはなかなか濃くておいしいものでした。ママは少し手があくと常連客と競馬談義していて、ほおっておかれるタイプの店でした。

コーヒー 380円 モーニングセット 450円
台東区三ノ輪1丁目
日曜は不定休のようです
※「ライフ」は2011年9月30日で閉店したとの張り紙がありました。【2011.10月】
[PR]

by matsutakekissa | 2010-02-26 12:58 | 台東区山 | Trackback | Comments(0)  

ニューフロンテ

 浅草・千束通り商店街裏手の喫茶店。入口には以下の但し書きがありました。
 「十六歳未満の方は午後六時以降の入店をお断りします」
 「十八歳未満の方は午後十時以降の入店をお断りします」(※うろ覚え書き)
 まるで、ゲーセンかボーリング場みたいな入店制限だったので、一体どんな営業形態なのか疑問でしたが、店内に入ってみて、その理由がわかりました。テーブルのほとんどがテレビゲーム台というゲーム喫茶でした。但し書きは法律に引っかかるといった理由からなのでしょう。
 ちなみにメニューはソフトドリンク類、軽食がメインの構成で、お酒はビールと水割りのみでした。
 市松模様の壁のデザインと抹茶色のイスはなんだか和菓子みたいな色使いですが、おじいさんのマスターは、黒いセーターにズボンに、白いワイシャツを着込んでいて、洋風の喫茶店のマスターらしい風貌でした。
 コーヒーを飲んで温まってきたため帰り支度をしようとしたところ、マスターから「今、お茶を淹れていたので、もうちょっとおまちいただけませんか」といわれ、湯飲み茶碗にたっぷり注がれたこぶ茶が出てきました。とても意外で、びっくり。コーヒーは好きですが、後口の良さはお茶類にはかないません。もしかすると、ゲームをして長居するお客さんのために考え出されたサービスなのでしょうか、メニューにはこぶ茶はありませんでした。

コーヒー 450円
台東区浅草3丁目
※深夜2時ごろまで営業しているようです。定休日は不明
 
[PR]

by matsutakekissa | 2010-01-26 12:57 | 台東区山 | Trackback | Comments(0)  

若生

 浅草・六区ブロードウェイ。週末ともなれば競馬客がたむろする界隈。ロック座の左隣2軒目に白いのれんの掛かる喫茶店があります。
 木枠の引き戸と窓格子、ビニールひさしの代わりに瓦を使用した軒先。その外観は、甘味処か和風喫茶店。雑多な雰囲気のある周囲にあって、凛とした趣の店構えでした。
 まるで他とは敢えて調和を整えていないこの外観は、よほどのこだわりがあるのでしょうか。それで長らく敬遠していましたが、ある日、店先の段ボール箱の中に座っていたトラネコに釣られ、店に入ってしまいました。
 店内は意外にも普通の喫茶店という内装で、外観からの予想は見事に裏切られました。合板の壁に革張りのカウンターチェア、カウンターにはキーコーヒーの青缶が並べられていました。
 競馬中継のかかる店内でしたが、競馬客らしき人は見当たりません。それもそのはず、伝票の裏には「競馬中継中は1時間以内でのご利用をお願いします」という但し書きがあったからです。いくら、ウインズの斜め向かいという好立地とは言え、ちょっと厳しい。
 とはいえ、丁寧に淹れられたコーヒーはマイセンだったかニッコーだったかのブルーオニオンのカップに注がれて、ちょっとうやうやしく出てきました。

コーヒー 500円
台東区浅草2丁目
朝9時頃~夕方5時頃
定休日不明
[PR]

by matsutakekissa | 2009-11-18 21:35 | 台東区山 | Trackback | Comments(0)  

あかね

 土曜営業。平日の昼間から喫茶店に行けるような身分ではないので、この言葉はとても魅力的です。しかし、都心の喫茶店の土曜営業はなぜかあいまい。店内に貼られた営業案内を信じて、あるいは店主から直接聞いて訪れたとしても、シャッターが降りている。タイミングが悪すぎるのか。それともついてないだけなのか。

 吉野通り沿いにある喫茶「あかね」も、土曜営業しているのを、過去にただ一度見たっきり。浅草から歩くこと15分強。空振りに終わり、所要時間30分を無駄にすること数回で、平日の朝に再チャレンジ。そこまでする自分がバカらしくなりましたが、これが己の欲深さ。
 通勤客が行きかう通りでしたが、店内に先客はいませんでした。店はタバコ店も併設し、タバコのみを買い求める客もいます。「いらっしゃいませ」。ややぶっきらぼうな言葉のママさん。モーニングセットを注文すると、ワンプレートにサラダと大手製パンメーカーよりひと回り小ぶりの大きさのトーストが載ってでてきました。
 改めて店内を見渡すと、カサつきのランタンみたいな白熱球の灯りが灯されていて、鳩時計の内部の振り子みたいなのが、壁に掛けられていました。壁にはママさんの肖像画らしき画が掛けられ、想像していたより、凝った内装の店内でした。
 軽食メニューの種類が豊富で、カレー、しょうが焼き、ハンバーグ、サーモンソテーの他、納豆ごはんという変り種も。ランチに納豆を付けられる「スタミナパック」というメニューもありました。
 来店時ではちょっとぶっきらぼうに見えたママさんも、なぜか帰り際は上機嫌。満面の笑みで「ありがとうございました」と声を掛けて下さいました。そのギャップに少々驚きつつも、それがなんだかくせになりそうでした。

コーヒー 350円
モーニングサービス 450円
台東区浅草
朝7時~夜7時 第二土曜と日祝 休(移動電光看板に記載されていたもの。土曜日の営業については、実際は何とも言えません)
[PR]

by matsutakekissa | 2009-11-11 12:57 | 台東区山 | Trackback | Comments(0)  

ファニー

 馬道通りと吉野通りに挟まれた、一葉桜小松橋通り沿い、ビル1階の喫茶店。通りの向かい側から店を見ると、シャンデリアのようなオレンジ色の灯りが窓ガラスに反射して、とてもきれいでした。
 思ったより天井が高く、開放感がある店内でした。窓際と壁際の席は常連客によって既に占められており、カウンターに近い席に座りました。それでも、背もたれが高く沈み込むようなソファだったので、人目を気にせず資料に目を通すことができました。店内を見渡すと、奥の壁は鏡貼りでした。喫茶店における鏡は、奥行きを広く見せる効果がありますが、この店では、鏡のおかげで照明がキラキラ輝き、ちょっとゴージャスな雰囲気でした。入口近くにはシャンデリアも吊り下げられていましたが、今は使ってないようで、壁に取り付けられた間接照明で、店内は十分な明るさでした。
 メニューにあった「べっぴんドリンク(ジュースだったかも)」というミックスジュースが気になったものの、1人だとなんとなく気恥ずかしく、結局ホットコーヒーを頼むことに。カウンターから「ガガガ・・・」という音がして、豆から挽いてくれたコーヒーを飲んで、この日の疲れをいやしました。

コーヒー 350円
台東区浅草6丁目
※日祝休み、土曜不定休のようです
[PR]

by matsutakekissa | 2009-11-05 12:55 | 台東区山 | Trackback | Comments(0)  

キャノン

 先月記事で触れた、待乳山聖天裏の喫茶「ニューキャノン」ですが、東浅草によく似た名前の喫茶店があります。その名も「純喫茶 キャノン」(「ヤ」は小さい)。店名のロゴも似ているし、キーコーヒーの看板なのも同じです。ただ、店のキャパは3倍ほど大きい。だから、こちらが本店で「ニュー・・・」のほうが支店なのかと初めて見たとき、勝手に想像してしまいました。
 場所は「ニューキャノン」より吉野通り沿いを南千住方面に北上すること5分程度。東浅草1丁目交差点の近くです。徒歩だと浅草からは少し遠く、山谷も近いので、個人的には物見遊山や何かのついでに足を運ぶことがためらわれるエリアです。それでいろいろ考えた末、朝に訪れてみることにしました。
 店には「準備中」の札がかかっていましたが、札を変えるのを忘れただけのようで営業中でした。朝からテーブルゲームに興じるおじさん、モーニングのドリンクをソーダ水で、と指定するおばさんなど、客層は朝からバラエティーに富んでいます。
 そこへ、声色が歌丸師匠似のおじいさんが現れました。常連のようで、まずはマスターらに「おはようございます」とあいさつ。
 一通り世間話をした後、今朝見た光景について、「信号まちしながら、携帯電話をいじっているやつの気がしれないよ」と苦言を呈しています。「そりゃきっと自分のことだ」、と心の中で思ったのですが、会話に加わることはできませんでした。

モーニングセット(トースト、ハムエッグ、サラダ、ドリンク付) 450円
台東区東浅草1丁目
朝7時~ 定休日は不明
※記事とはほとんど関係ありませんが、三遊亭圓楽さんの訃報をニュースで知りました。圓楽さんといえば、思い出すのはやっぱり「笑点」。日曜日の黄昏時、「大喜利」のテーマがどこかの家から漏れ聞こえてくると、「あぁ、休みも終わりだな」という気分になったものでした。今でもあのテーマを聞くと、「山田君、(座布団)全部もってっちゃいなさい」という圓楽さんの声が聞こえてくるような気がします。それくらい、生活に馴染んだ番組だったと思います。ご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by matsutakekissa | 2009-10-29 12:59 | 台東区山 | Trackback | Comments(0)