「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:文京区山( 15 )

 

コーヒー フェニックス 千石

 千石駅近く、旧道と新道の交差点裏手にあるコーヒー&レストラン。目立たない場所にあるせいか何度か通っても気がつきませんでしたが、とある日、バスにて移動中に看板に気がつきました。お昼どきだったので、店の前には自転車が何台も停められ、席はほとんど埋まっていました。
 日を改め、夕方前に店を訪れると店内はさすがに空いていましたが、世間話で盛り上がるグループ客や1人で来ている老人が数名、お茶をしてくつろいでいました。
 赤い布張りのイスがゆったりと並ぶ店内は喫茶店というよりはレストラン風の配置でした。赤系の色を使った絨毯調のビニールクロスの柄が暖かい印象です。
 2人掛けの席に座ると、「空いていますから、どうぞこちらへ」と、シェフの格好をした店主はにこやかに広い4人掛けの席を勧めてくれました。昼を食べそこねたため、カキフライとドリンクのセットを注文。思った以上にリーズナブルな値段で、あの昼どきの混雑の理由がうなづけました。
 揚げ油はすっかり冷めてしまっているらしく、注文してから登場までに20分ほど待ちましたが、大粒のカキフライは大変おいしく、待った甲斐がありました。そして、厨房からは食後に間に合うよう、コーヒーを点てる音がし、しばらくしてアロマがこちらまで漂ってきて、なんだかありがたく感じました。
 ちなみにお店のロゴは、おかっぱ頭の女性が大口を開けている、おもしろかわいいデザイン。紙ナプキンや箸袋にもちゃんと印刷されていて、今時、めずらしいなと思いました。

コーヒー 350円
サービスランチ・カキフライとコーヒーor紅茶のセット 800円(14時までは750円) 
文京区白山5丁目
定休日は不明 夜は22時頃まで営業のようです
[PR]

by matsutakekissa | 2010-01-28 12:54 | 文京区山 | Trackback | Comments(0)  

喫茶 おむろ お茶の水

 東京医科歯科大裏手、本郷通り沿いビル2階の喫茶店。ビルの名前がおむろビルなので、店名もそのまんまでした。
 コカ・コーラのロゴが入った緑色の黒板には、ランチメニューがずらりと書かれています。日替わりランチは700円。カレーライスは650円。この界隈にしてはリーズナブルな価格ではないでしょうか。そのため、近隣のサラリーマンには大いに支持されているらしく、ランチタイムを少し外していったつもりでしたが、まだまだ混んでいました。
 カーテン付きの木枠のドアやシャンデリア型照明、パーテーション代わりの鉢植えなどは喫茶店そのものの雰囲気ですが、夜はお酒を出す居酒屋に変わるらしく、日本酒のビンも並んでいました。
 書き入れ時のヘルプの女性たちは、みんな明るくて、てきぱきと客をさばいています。店の混み具合と勢いに圧倒されてしまい、先ほどから何度もオーダーされている生姜焼き焼き定食を注文。
 かなり待たされるのではないかと不安でしたが、5分程度の驚く早さで定食が登場しました。丼めしに、少し煮込まれた感のあるみそ汁、お新香に、生姜焼きとキャベツたっぷり。喫茶店メシというよりは、早い・安い・うまいの3拍子揃った食堂級のメシでした。
 残念ながらコーヒーはセットに含まれず、200円割引価格になりますが、それでもオーダーしている人はちらほらいて、ゆとりあるなあ、なんて思いながら、自分もコーヒーを注文しました。

コーヒー 350円(ランチタイムに食事すると割引され200円)
日替わり定食 700円
文京区湯島1丁目
朝8時~夜11時
 
[PR]

by matsutakekissa | 2009-12-18 13:00 | 文京区山 | Trackback  

喫茶 ラーチ 本郷3丁目

 神田神保町や本郷の学生街には、なぜカレーを食べさせる店が多いのでしょうか。街を歩けば本屋とカレー屋にぶち当たりますが、店によって味も値段もピンキリで、どこが自分向きなのか、入るのに迷ってしまいそうです。 
 本郷通りと春日通りが交わる駅から、春日通りを後楽園方面に向かうこと10分弱。通り沿いの喫茶店、ラーチは、赤い看板がなんだか某タバコブランドのロゴをほうふつとさせました。
 入ろうとした矢先、店の前に自転車を停めたおじいさんが、店のドアから店内を覗き込み、入店せずに走り去って行くのをみて、ランチタイムの混雑が予測されました。
 時間を少しずらして店に入ると、ピークをやや過ぎたころのようで、なんとか席に座れました。外観は割りと新しい店に思えたのですが、木目がきれいな壁のプリント合板や間接照明、カウンターは、少し時代を感じさせました。
 軽食はサンドイッチとカレーがメインで、数種類あるカレーのセットメニューは日替わりでサービスランチに指定され、100数十円程度の割引になっています。意外と大鉢のフレッシュサラダがおいしかったです。
 13時近くになると、潮が引いていくかのように、次々とお客が去ってしまい、店には自分1人になってしまいました。ランチ時の常連の大半は学生ではなく、近くに勤務するサラリーマンが大半のようでした。
 あらしのような時間をどうにかやり過ごし、後片付けしながら世間話をするカウンターのお姉さん2人からは、いかにもほっとした様子が感じられました。

コーヒー 400円 モーニングはたしか450円でした。
日替わりサービスカレーセット(ランチタイム11~14時) 850円~
文京区本郷4丁目
朝9時半?~夕方5時半?
土日祝 休

 
[PR]

by matsutakekissa | 2009-12-09 12:58 | 文京区山 | Trackback | Comments(0)  

画廊喫茶 ボンアート 本郷

 ある日の休日、骨董品屋を冷やかしに訪れました。「昭和レトロ」と銘打たれたコーナーでは、古い柱時計や大手企業のロゴが入ったグラスがかなりいい値がついています。実家の押入れを探せば埃をかぶってそうなモノたちを買う気にはなれませんでしたが、「昭和」がカネになるって、もうそんな時代なのかと驚かされます。
 
 こういう前置きの後に、この店のことを書くのは失礼にあたるかもしれません。しかし、深い意味合いはありません。本郷通り沿い、東大赤門近くの喫茶店で、経営が骨董店なのか、ショーウィンドーにはさまざまな骨董品が並べられています。

 ショーウィンドーを見ていると、真昼間より日が暮れてから行きたい気持ちに駆られてしまい、前を通り過ぎても入店する機会に恵まれませんでした。 
 閉店間際にもかかわらず、「30分ぐらいなら大丈夫ですよ」、という言葉をありがたく受け止めて、席に座りました。奥に細長い店内には先客2、3人がいて、どちらも会社帰りのサラリーマンのようでした。
 1階は貸しギャラリーになっていて、展示はいろいろと変わるようです。その時の展示が目当てで行ったわけではありませんが、自分のようなギャラリーにはほぼ無縁な人も、気軽に入れるオープン・マインドな店でした。
[PR]

by matsutakekissa | 2009-12-04 12:51 | 文京区山 | Trackback | Comments(0)  

サム

 ファミコンが流行ってた頃の標語、「TVゲームは1日1時間!」ではないけれど、喫茶店のはしごっていうのは、正直あまりやりたくありません。もし旅先で素敵な店が2軒あり、どちらか1軒に決められないという時以外は別として、何だか感動が薄れる気がします。
 というのも、白山・本駒込近辺には、喫茶店が多いから。久しぶりに来て改めて思いました。歴史が古いこの町も、小規模ながら表通りや裏通りに商店がならび、買い物をする近所の人たちが横切っていきます。
 白山駅出口すぐの喫茶店、サムは立地のよさもあってか、ひっきりなしにお客が訪れていました。15~20席くらいの小さな店ですが、かなり繁盛しているようです。
 テーブルには珈琲豆の袋を広げたものが広げられ、上にはガラス板がのっています。ガラス板との間には新聞のスクラップが挟み込まれていました。釣り場・釣れる魚などが書かれた釣り情報の連載記事が丁寧に集められ、日付を書かれて整然と並んでいます。釣り好きが集まる店なんだろうか。
 しかし、この時間帯は周辺で用事があったついでに立ち寄ったような奥様方ばかりでした。
 夕飯のレシピについて話す声に耳を傾けるうち、自分もちゃんとした料理をつくりたい気持ちになってきて、近くの店に寄ってみようと思いました。

コーヒー 400円
文京区白山
朝9時位?~夜8時位?
定休日不明
 
[PR]

by matsutakekissa | 2009-06-01 12:58 | 文京区山 | Trackback | Comments(0)  

喫茶 ホワイト 本駒込

 本駒込駅から千駄木駅方面に向かう道の途中にある喫茶店。店の向かいには何やらあやしげな名前の雑貨屋「バンバンバザール」、その斜め向かいの神社、駒込大観音の境内には「水族館劇場」と書かれた大きなのぼりがはためき、強烈なインパクトを感じてしまいました。
 看板にコーヒーカップの絵が描かれ、「コーヒーとランチ」と書かれた、いかにも住宅街にありそうな店でした。ドアを開ければテーブルゲームのテーブルや茶色のソファ、変色したリノリウムの床が特徴的な、70年代後半か80年代前半の店のような雰囲気です。
 昼時でもないのに思いのほか人がいて、何か読みふけって思い思いに楽しんでいるなと思ったら、カウンターのテレビでは馬が走っていました。近くに馬券場があるわけでもないのに、競馬と喫茶の関係は密接です。
 マスターの趣味なのか、店内にはピアノジャズが流れ、店の内外のメニューにもジャズ奏者らしき男性のイラストが描かれていました。ランチメニューはカツカレー、ピラフ、スパゲティ、ハンバーグ等、一通り揃っています。
 会計時、入口付近の席で1人、焼きうどんを食べていたおばあさんと目があいました。どことなくさびしそうです。もしかしたら、おばあさんはランチを食べにきたというより、誰かと話をしたかったのかも。しかし、マスターはカウンターの奥にひっこんでいて、話しかける雰囲気ではなかったようです。

コーヒー 400円
文京区向ヶ丘2丁目
朝10時頃~夜7時頃
定休日不明
 
  
[PR]

by matsutakekissa | 2009-05-31 17:16 | 文京区山 | Trackback | Comments(0)  

喫茶 貴苑 白山

 白山駅そば、旧白山通りと本郷通りへ続く道の交差点近くの雑居ビル2階の喫茶店。
 ビルの入口には喫茶店の看板とメニューが出ているだけで、店内の雰囲気は全く分かりません。
 入口の扉には、古い喫茶店で時々みかけるシールがガラス部分に貼ってあり、見かけより中身がよさそうに思えました。
 ドアを開けると、まず目に飛び込んできたのが、昔のイチローの大きなポスター。壁際に貼ってある鏡や椅子は年季を感じさせました。
 雰囲気だけ宮崎駿監督に似ている白髪のおじさんがマスターで、おばさんと2人で切り盛りしていました。自分が来るまでしばらくお客がいなかったらしく、しばらくして音楽が流れ出します。「別れの曲」は、再生装置がいかれているのか、音とびが激しい。
 しばらくすると、仕事帰りらしいサラリーマンが2人ほど訪れました。近辺にもいろいろ店はあるだろうに、ちゃんとこの店を知っていて、迷わず扉を開けて入って来る。一見目立たないこの喫茶店にも、ひいきにしているお客がちゃんといるのだな。そうじゃないと困るけど、ちょっとうれしくなりました。

コーヒー 400円
文京区白山5丁目
営業時間不明(夜9時ごろまで?) 休業日不明

 
[PR]

by matsutakekissa | 2009-05-11 18:56 | 文京区山 | Trackback | Comments(0)  

TAVERN(タバーン) 千駄木

 急に強い雨が降り出したため、雨宿りに入った店でした。
 贈答用のケーキや洋菓子を販売する店でしたが、店の一角に喫茶スペースがあります。テーブル席は3箇所とこじんまりしていますが、目隠し用のついたてのせいか、なぜか長居ができる雰囲気でした。
 メニューは店オリジナルのコーヒーと紅茶とジュースくらい。どれも600円くらいから。高いな。しかし運ばれてきたコーヒーはカップにたっぷり入っていて、香りも味もよいものでした。
 結局小一時間くらい居座ってしまいましたが、店の方はほっといてくれました。ありがたや。気がつくと雨はいつの間にかやんでいました。

コーヒー 600円
文京区千駄木
[PR]

by matsutakekissa | 2009-05-01 13:03 | 文京区山 | Trackback | Comments(0)  

喫茶 ファニー 本駒込

 本駒込の寺に行く用事がありました。周辺は寺町でどちらへ曲がっても寺、寺、寺。やっと目的地へたどり着きます。本堂のそばには富士神社がありましたが、山の周囲には柵がされていて登山不可でした。
 寺からの帰り道、バス停前にあった喫茶店に入ってみました。入って左側にはテレビがあり、ご隠居らしい店のおじいさんがテレビを見ています。カウンターに立つのは、その娘さんかお嫁さんなのでしょうか。
 入口近くの席に座ろうとすると、「よろしければ、こちらへ座っていただけますか」と奥の席を示されました。しばらくすると、白髪のおじいさんがやってきて、さっき自分が座った席に腰を下ろします。
 NHK大河が終わると、無言でチャンネルを替えるご隠居。この店でのチャンネル権は、お客でもママでもありませんでした。
 壁にはアメリカっぽい異国の写真が飾られ、黒い壁に映えていました。NYかな。行ったことないので分かりませんが。
 コーヒーが出された時、「よろしければお替りどうぞ」と言われました。その言葉をあまり気にも留めずにいたら、ちょうど1杯目を飲み終わった頃、「どうぞ」と注いでくれました。お替りは申告制だとばかり思っていたので、さりげない心配りがうれしかったです。
 
コーヒー 400円(お替りつき)
文京区本駒込3丁目
※休み等は不明です
[PR]

by matsutakekissa | 2009-03-17 13:00 | 文京区山 | Trackback | Comments(0)  

お食事と珈琲の店 ミネ 本駒込

 住所は本駒込ですが、田端駅にもほど近い、不忍通り沿い裏手の住宅街にある喫茶店。
 普段なら平日の夜遅く、こんな場所をうろつくことはまずありませんが、所用のついでに通りかかったら、たまたま明かりがついていました。
 時刻は夜9時過ぎ。「もうお終いです」とか言われるんだろうなと思いましたが、一応ドアを開けてみることに。「いらっしゃいませ」と普通の挨拶。お酒もそんなに置いてなさそうなのに、深夜営業とはめずらしい。
 近所の人なのか、おばさんが一人でアイスコーヒーを飲んでいて、アンニュイな雰囲気を漂わせていました。店奥にはぬいぐるみが飾ってある席があり、くまのプーさんに占領されていました。
 メニューは洋食から麺類まで豊富です。メニュー表には「営業時間8:59~23:59」とあります。どういうこだわりなんだろう。
 たくさんあるメニューは当たり外れがありそうで優柔不断に。ベタだけど、こういう時は店名を冠した「ミネカレー」にしてみよう。カレーなら早くできそうだし。
 すると、カウンターではご主人がなにやら切ったり炒めたりと、かなり手間がかかっている様子でした。15分ほど待って出てきたのは、ピーマンなどが入ったサフランライスにカレールーがかかってきたもので、生卵とポーチドエッグのみそ汁、サラダ付きでした。
 卵、卵で少々不安でしたが、ちょっと手の込んだカレーはおいしかったです。

コーヒー 380円 ミネカレー 850円
文京区本駒込
[PR]

by matsutakekissa | 2009-03-04 22:09 | 文京区山 | Trackback | Comments(0)