カテゴリ:板橋区山( 9 )

 

喫茶 ゼロ 板橋本町

 中山道と環七の交差点から、中山道沿いへ歩くこと5分強。イナリ通り商店街の入口のアーチが見えてきます。住宅街の中にある小さな商店街ですがチェーン店やコンビニはなく、昔からの店舗が現在も引き継がれている印象を受けます。パン屋や洋食・中華ごちゃまぜのレストラン・・・。どれもレトロな外観でした。
 小さな商店街なのに、なぜか喫茶店は3軒もあり、意外でした。商店街入口にある「ゼロ」は、窓によしずが張られた、少し不思議な外観です。
 カウンターのみの小さな店内には、常連客が3名集っていました。改装済みなのか、外観よりずっと新しい内装でしたが、常連客と店のママさんとの会話には、時間をかけて築かれた信頼関係による会話が成り立っていて、遠慮会釈なしのストレートな言葉が飛び交っていました。ドラえもん(大山のぶ代のほう)声のママさんは、ボケ役担当で、お客のひとりのツッコミ担当から、いろいろと口撃されていました。
 ペーパードリップで丁寧に淹れてくれたコーヒーは、濃い味で、カップにたっぷり入っています。砂糖とミルクはセルフ式で、カウンターに置かれていました。
 常連客が去った後、店の営業時間について聞いてみると、どうやらかなり早い時間に閉めてしまうようです。以前はマスター(ママのご主人でしょうか)がコーヒーを淹れていたそうですが、体調を崩したため、バトンタッチで営業しているとのこと。営業時間も少しアバウトらしいのですが、店の前を通り過ぎるときはいつも数名のお客がいます。立地上、一見客がふらりと入る店ではないので、本当に常連客に愛されているお店だなあと思いました。
 

コーヒー 380円 モーニングセット 550円
板橋区宮本町
※午後3時すぎで閉めてしまうそうです。日曜もときどき営業しているようです。また、不定休も多いようです。



 
[PR]

by matsutakekissa | 2010-02-22 12:53 | 板橋区山 | Trackback | Comments(0)  

カフェ・モカ 板橋区役所前

 板橋区役所すぐ裏手にある喫茶店。カフェとうたっていますが、外観・内装とも喫茶店のような雰囲気です。入口には食品サンプルのショーケース、店内レジ近くには水槽、そして各テーブル上にはランタンのようなかさがついた照明器具。看板に描かれた小人の絵は、ちょっと独特の雰囲気をかもしだしています。
 お昼どき、概ね近所に勤務しているとみられる方々がランチを取りにきていました。席につくなり、お冷とおしぼりとサラダの小鉢がテーブルに。コーヒーだけじゃまずいかな、と思ったので、ランチメニューも見せてもらいました。
 日替わりランチもありましたが、スパゲティーとピラフのセットメニューが700円台と非常にリーズナブル。健康・栄養バランスを意識してか、壁際には野菜豊富な定食メニューや、年齢・性別の摂取カロリー目安、食品群を栄養素別に赤・黄・緑に分けた円グラフが貼ってあります。
 帰り際にレジ脇に置かれていた店の名刺(お店のメニューを赤・黄・緑の栄養素別にポイント計算したもの。東京家政大の方が作成されたようです)を手に取ると、お店の奥さんが突然語りだしました。「1日2000キロカロリーとか言うけど、難しいわよね。カツ丼なんか食べたら(2000キロなんか)すぐいっちゃうわよ。20年前は糖尿病の人なんかほとんどいなかったのにね。あなたも気をつけてね」。てっきりオーナーか奥さんが健康オタクなんだとばかり思っていたのですが、栄養関連の諸々の紙は結局、自戒の意味もこめて、のようでした。

板橋区板橋2丁目
コーヒー(モカブレンド) 350円
日 休
 
 
[PR]

by matsutakekissa | 2009-10-06 12:57 | 板橋区山 | Trackback | Comments(0)  

喫茶 紙風船 仲宿

 旧中山道沿いにある仲宿商店街は、古くからの商店も軒を連ね活気があります。大山商店街と比べ、まだチェーン店の進出が少ないのも、そのひとつなのかもしれません。殺風景な表通りと対照的なだけに、初めて訪れた時は、「裏通りにこんなすごい商店街が!」と驚いてしまいました。
 軽食メニューのお品書きが入口に貼られている喫茶・紙風船は、白い外壁の店でした。夕暮れの時間帯、店にはコミック雑誌を読むおじさん1人と、年頃のおねえさん1人。
 その後、おねえさんの携帯に電話がかかってきました。外へ出るのかと思ったら、えんえんと長電話。聞こえてくるのは、式場がどうだの、お色直しがどうだの。どうやら結婚式の打ち合わせらしい。店のおばさんは、ちょっとやきもきしているようで、彼女に声をかけるか、相当迷っているようでした。
 ようやくそれを察したのか、電話を切って、慌しく店を出て行くおねえさん。その後に続いて店を出ようとしたら、「すみませんね。うるさかったでしょ」といわれました。
 「いえいえ、大丈夫です」といいながら、ふとレジ横にあったマッチにきづいた自分は、おばさんが恐縮しているのをいいことに、コーヒー一杯にもかかわらず、「貰っていいですか」と図々しくたずね、ひとついただいてきてしまいました。

コーヒー 380円(だったと思う)
板橋区仲宿
※土日も営業しているようです。
[PR]

by matsutakekissa | 2009-06-02 13:03 | 板橋区山 | Trackback | Comments(0)  

喫茶 ケルン 新高島平

 三田線で新高島平へ。三田線、といえば高島平の団地が思い浮かぶほど、郊外の団地と都心を結ぶ典型的な沿線というイメージですが、最近は団地の高齢化や人口の減少が進んでいるそうです。
 駅を出て北方面、商店街ほどの数ではないけど、飲食店等が並ぶ一角に喫茶店がありました。
 店の前には「本日は午後5時までの営業とさせていただきます」との札が下がっていました。区立図書館みたいだな。
 店内は外観よりもぐっと落ち着いた雰囲気でした。お客は皆男性1人客。窓に近い壁際の席が人気でした。
 お冷とおしぼりを運んできてくれた女性は、「5時までですが、よろしいですか?」 まだ50分もあるのに、親切です。
 日が落ちかけてきて、店内に差し込む光も刻一刻と変化していく様子がきれいでした。お客はみな物静かに新聞を読んだりコーヒーを飲んでぼんやりしたり。
 結局、閉店15分ほど前に店を出ましたが、お客のほとんどはまだ店を出る気配がありませんでした。

コーヒー 370円
板橋区高島平7丁目
朝8時~夜8時 日祝日は夕方5時まで
[PR]

by matsutakekissa | 2009-04-30 12:58 | 板橋区山 | Trackback | Comments(0)  

ダックスとダックス 西編

 中板橋商店街のはずれにあるコーヒー専門店。以前、閉店後の店の前を通ったことがありましたが、2度目に行ったら、看板がすっかり新しくなっていました。
 こじんまりとした店内で、テーブルも椅子も棚の色も赤茶色。暖色系照明の光で、飴色に光って見えました。
 店の奥には主婦らしき2人連れ。先ほどからずっとしゃべり続けている様子でした。老年期に差し掛かったくらいのマスターと、彼と同世代らしきお客はカウンター越しに世間話をしています。「防犯カメラを取り付けるのはいいんだけどね、あんな所に付けても意味ないと思うんだよね」。商店経営者の方なのでしょうか。
 コーヒーの値段は350円からと、専門店にしては低価格の設定でした。しかし、本日のサービスコーヒー(モカ)が380円だったので、ついそっちを選んでしまいます。
 家の近くにこういう店があったら通ってしまうんだけど、と一瞬思ってしまいましたが、結局家から近すぎる店は敬遠してしまいそうです。散歩がてら立ち寄れる距離くらいがちょうどよいのでしょうか。店の前に置かれた自転車のことを思い出しながら、そんなことを考えました。

コーヒー 350円
板橋区中板橋
※夜は7時までくらい?
[PR]

by matsutakekissa | 2009-04-23 12:34 | 板橋区山 | Trackback | Comments(0)  

喫茶 コガ 板橋本町

 板橋本町から中山道沿いに池袋方面に歩くこと10分。仲宿商店街の外れにある、小さな商店街の喫茶店です。
 店のガラス窓に貼られた花のシールは、幼稚園時代を思い起こさせました。
 こじんまりした店内には奥のカウンターにマスターがいて、適当な席に着くと、おしぼりを持ってきてくれました。
 テーブルの灰皿には「COFFEE ROOM」とあり、ちょっと違和感を覚えました。COFFEE SHOPなら、よくあるのだけど。ちなみに表の看板に書かれていたのは「ティールーム」でした。
 小さな店内には、茶色のソファに小さめの白いテーブルが並んでいました。
 先客のおばあちゃんが一人で来ていて、一口ひと口、美味しそうにコーヒーを味わっています。そんな様子を見ていると、小さなことばかり気にする癖が恥ずかしくなり、いつもより意識してゆったり座りなおし、コーヒーをすすってみることにしました。

コーヒー 400円
板橋区本町
夜は7時ごろまで? 定休日不明
 
 
[PR]

by matsutakekissa | 2009-04-09 12:52 | 板橋区山 | Trackback | Comments(0)  

コーヒー&レストラン ドンキー 板橋仲宿

 仲宿商店街のレストラン喫茶。チェスのマークと堂々とした店のロゴが気になって入ってみました。
 ディナータイムだというのに、店には客ゼロ。店の外は買い物客でごった返していましたが、この店は素通りされているようでした。
 コーヒーだけというのもちょっと悪いか・・・と、ドッグパンのセットを注文しました。しばらくすると奥の厨房からいい匂いが漂い、レストランらしい匂いに変わりました。
 食べている間もやっぱり客は姿を見せず、レジ近くで販売されているお子様向けのおもちゃが、わびしい感じでした。ここいらの家族連れは、手軽で割安なファミレスに流れてしまうんだろうなあ。

コーヒー 360円
板橋区仲宿
※お手洗いは黒系の総タイル張りで、圧巻です。店の外観の次にインパクトがありました。 
 
[PR]

by matsutakekissa | 2008-11-19 00:22 | 板橋区山 | Trackback | Comments(0)  

喫茶 ぱくぱく 板橋本町

 「ぱくぱく」という店名から、定食屋かとすっかり勘違いしていました。
 場所は板橋本町駅の交差点付近。幹線道路が交差し、その上を首都高が走っています。スモッグが気になる・・・。
 それほど古い店ではないようです。30年は経ってないでしょう。でも、店先のゴムの木の鉢植えや、ガラスに貼られたビニール製のシールが、よい雰囲気をかもしていました。
店内は完全に喫茶店のつくりでしたが、定食メニューが充実していました。手作りハンバーグが看板メニューらしく、ボードに書かれて大プッシュ。
 オレンジジュースを頼んだら、飲み物と一緒にお菓子がついてきました。おかきとか、チョコレートとかついてくるのは、中京地域の慣習と聞きます。家でパリポリ食べる袋菓子も、こうやって小皿に載って出てくると、なんかいつもよりおいしく感じました。

コーヒー 400円
板橋区板橋本町
朝9時~夜9時 定休日不明
[PR]

by matsutakekissa | 2008-10-11 00:28 | 板橋区山 | Trackback | Comments(0)  

白樺

 中山道と環七が交差し、その上に首都高も走っている板橋本町駅前交差点。かつては大気汚染地区ワーストワンだったそうです。現在は多少改善されたそうですが、地下鉄を出ても首都高道路が空を覆い、地上に出たときの爽快さは感じられません。そのせいか、地元の人は幹線道路沿いよりも旧街道沿いなどの裏通りを歩いているようです。
 中山道沿いの喫茶店「白樺」は、看板に「街の喫茶室」とあるとおり、いかにも地元の人たちが集う店でした。
 入り口近くは丸テーブルに背もたれつきの椅子がぐるりとならび、その他の席はゆったりしたソファで、食事もお酒もOK、一人客からグループまで対応できるくらい、広々としています。
 レジ近くにはやきもののコーヒーカップ&ソーサーが売られ、レジのおねえさんが地元客とざっくばらんな会話を始めていました。

コーヒー 400円
板橋区板橋本町
土日 不定休らしい
[PR]

by matsutakekissa | 2008-09-05 12:45 | 板橋区山 | Trackback | Comments(0)