喫茶室 中屋

 JR御徒町駅から春日通りを東に歩くこと10分弱、突如現れる商店街。「ファミリーロード サタケ」の看板がかかるアーケードを進んでいくと、カステラなどの和洋生菓子店の隣に、小さな喫茶室がありました。とにかく古い外観。
 10席ほどしかない店内には、既に先客2人。一人は浅草帰りか「今日は(競馬に)勝った」と上機嫌でした。もう一人はテーブルゲームを黙々と続けています。
 空いていた手前の席に座ると、そこもテーブルゲーム席で足が伸ばせず、ちと居心地が悪い。もぞもぞしていたら、先程からこっちを見やっていた常連と店のご主人の会話が耳に入ってきました。
 「・・・あぁ、雑誌に載ったからかな」「なるほどねえ」。?!何の雑誌に?。見慣れぬ客の来店理由が予想して安心したのか、「そういえば、掲載の雑誌送ってこないね」というご主人。「ケチだなー。買えってことかい」と常連が応じます。
 せっかくなごんだ雰囲気の中、雑誌は知りませんよ、なんていったら、また話がややこしくなる。当方、こぶ茶とカステラのセットをぱくつき、ひたすら沈黙したままでありました。

台東区台東
定休 不明
※来店時より半年以上経った後、単行本化により掲載誌が判明しました。(掲載誌・月刊『食楽』に連載「なぎら健壱の絶滅食堂で会いましょう」 同タイトルの単行本は2008年9月発行)。書店にて立読みしたところ、食堂以外にも居酒屋、喫茶店などにも手を広げて紹介しています。掘り下げた取材記かと思いきや、「行ってきました」感のある突撃取材風で、巻末の「ホントウにゼツメツしてしまった!」(正確なコーナー名は失念)に、それがよくにじみ出ていました。個人的な感想として、ミーハーというよりフィギュアをコンプリートするかのように、「つぶれたけど、行っといてよかった!よかった!」というドライな印象を受け、極めて私的(ブログ的?)視点で編集された本だと思いました。
※確か2010年には、喫茶室の方は閉めてしまわれました。カステラやロールケーキの販売は行っておられます。【2013.1】
[PR]

by matsutakekissa | 2008-10-22 12:59 | 台東区山 | Comments(0)  

<< のりトースト食べ比べ 喫茶 リオ 蒲田 >>