ピーター

 人間、生まれや育ちや環境に左右されがちですが、喫茶店も同様で、店舗数の多さは単純に人口に比例するわけではなく、オフィス街や歓楽街等の立地条件、そして何より地域住民のライフスタイルに大きく影響されています。
 浅草は観光客、娯楽施設、場外馬券場というニーズに応え、エリア内の喫茶店店舗数は区内1位か2位を争うのでは、と思われます。場所柄、客層は当然一見客か競馬の常連に集中していますが、ピーターはどちらでもなく、以前記事に書いたシルクロードと同じように地元のお客さんが集まる店でした。
 カレーが売りらしく、昔B級グルメ特集で雑誌にも取り上げられただけあって、カレーを注文する人が多かったですが、遠路はるばるというのではなく、腹ごしらえにきた一人客のおじさんが多かったです。
 壁にはエノケンなど、浅草喜劇界を代表する芸人さんのイラストが描かれ、なぜかチャップリンもまじっていました。
 店をとりしきっているのはおばさん1人でてんてこまいだったのですが、イラストを描いたのはご主人とか先代かもしれない、などと勝手に想像しながらコーヒーをすすってみました。

台東区西浅草3丁目
コーヒー 380円
日 休

[PR]

by matsutakekissa | 2008-08-04 12:57 | 台東区山 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://kissamatsu.exblog.jp/tb/9219548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< アカシヤ マツタケ喫茶店にての作法 >>