「ほっ」と。キャンペーン

再開のご報告

 ご無沙汰しております。
 一年間、ブログを更新していませんでした。
 出産を機に喫茶店めぐりの道楽は止めて、ブログは停止する予定でしたが、道楽自体はまだ止められそうにはありません。自分の時間は減りましたが、喫茶店で過ごす寛ぎのひとときは、かえって貴重に感じられるようになりました。
 超、超不定期になりますが、書きたくてしようがない気持ちになったら、パソコンを立ち上げて記事をアップしようと思っています。


 以下はちょうど一年前、ブログを停止するつもりで書いた文章です。結局、続けることを決めましたが、止める気持ちも同じくらいありますし、悩んでいることもありますので、あえて掲載します。

------------------------------------------------------------------------------
 ブログを停止することにしました。
 この何年間か考えてきたことですが、喫茶店をブログで取り上げることのメリットとデメリットを天秤にかけると、デメリットばかりを感じるようになりました。

 ブログを始めたばかりの頃はかなり気楽に始めたつもりでしたが、店舗側、常連客の迷惑にならないように、と突き詰めていくと、それは個人のお気楽な感想日記ではなく、名刺とカメラ持参の取材という方面に、限りなく近くなったというか、そうせざるを得ないように感じるようになりました。

 もし、「自分がやらなくて他に誰がやれる?」という強烈な自負心やモチベーションを持続できていたり、他に類のないテーマであれば、個人の道楽を飛び越えてブログを続けていたでしょう。しかし、個人の楽しみという枠を飛び越える覚悟もなく、このままブログを続けることができません。

 そのような気持ちになるのは、ブログ掲載を快諾して頂いた後に自分が再度店を訪れると、店舗経営者の方からは、もはや単純に「ただの」客としてではなく、「チェックしに」来た人として意識して、かえって気を遣わせているのでは、と思うこともあります。ドシロウトの小娘が、年上の経営者を困らせてんじゃないよ、と周りのお客は感じているのではなかろうかと、ひやひやします。

 そうなってくると、もはや自分はそういう「プロ」じゃないので、という逃げ口上が通用せず、書いた言葉の一つひとつに責任を追わねばならないと考えるようになりました。「プロ」でもなく、「アマ」としては行き過ぎの、中途半端な位置にいる自分を感じます。

 もうひとつ困ったことは、自分が喫茶店のすべてを好きになりすぎてしまったことです。文章も写真も自分のいろを付けてしまうことを、すごく陳腐に感じます。個人的には、その喫茶店を初めて訪れる人にとって、あまり余計な先入観がないほうが楽しめると思います。ガイドブックを見て想像した所と現実が大きく隔たりがあって落胆したり、事前に知りすぎてしまうことがつまらないのと同様です。

 インターネットの情報は多くが一過性のものであり、時に使い捨てであることも、気になります。自分の大好きな喫茶店は、流行り廃りも関係なく、時の流れとともにゆるやかに変化しながらあり続けてほしいと願っていますが、ネットの情報として載せること自体が、「大好き」とか「大切にしたい」という言葉の真逆をゆくのかもしれないと考えるようになりました。
 ブログというツールやインターネットを否定するつもりではありませんが、自分がそれをうまく使いこなせていないという気持ちがあります。

 うまくまとまらない内容ですが、結局、個人の道楽の枠を越える覚悟がない以上、ブログを続けることができないと思ったため、休止することを決めました。
 今後は個人の道楽で、町を歩き、喫茶店に入るという趣味を気楽に続けていこうと思っています。

 最後に、喫茶店の店主の方々と常連客の方々に感謝します。また、貴重な時間を当ブログ閲覧に割いて下さった方々、ありがとうございます。そして、さよなら。

 
[PR]

by matsutakekissa | 2013-01-02 08:43 | お知らせ | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://kissamatsu.exblog.jp/tb/19769577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ムニャムニャせんべいと馬目焼 陶器のペア猫 >>