マウンテン

 活気ある大きな商店街内には、意外に喫茶店が少ないような気がします。生鮮食品に生活必需品などの店の数は充実していても、その数に比例しているというわけではなさそうです。昔はもっとあったけど、淘汰されてしまったのか、それとも、お買い得な買物の後は、どこにも立ち寄らずにまっすぐ帰ってしまうのか。
 そんなわけで、商店街は栄えていようがいまいが、いい喫茶店があるかどうかにはあんまり関係がない。ただそれが言いたかっただけなのです。

 この日は東大島駅から大通り沿いに南下し、ひたすら歩きました。目的地は東砂にある末広商店街です。都営住宅群を抜けてしばらく歩くと、ようやく商店街の入り口にたどり着きました。
 お昼すぎという中途半端な時間帯のせいか静かで、中ほどにはマーケットもありました。ここは昔からある商店街のようです。このような住宅街の真ん中にある商店街は、駅前から発展した商店街と比べチェーン店は少なく、ローカルな雰囲気が漂います。
 歩いて行くと、店先に人形焼をならべたテーブルを置いた接骨院がありました。副業として売っているのかと思ったら、人形焼はメーカー商品を販売しているのではなく、自家製でした。店の裏手には人形焼の店舗がありましたが、人の気配がありません。どうやら焼き上げた後は表で販売しているようです。
人形焼は餡入りと餡なしがあり、なしの方を一袋買いました。11個で200円と、観光地で買うのよりずいぶん安い。屋号は江東屋とあります。後日ネット検索してみると、近所では知られた存在らしく、いくつも紹介サイトが登場しました。
b0158023_21521511.jpg
 そろそろ引き返そうかと思った時、喫茶店の看板がありました。マウンテン=山。良い名前だ。反射的にドアを開けると、店内はほぼ満席状態で、1席だけ空いていたカウンター目の前の席に座りました。
 ランチを取りにきたお客さんが多いらしく、店内にはいいにおいが漂っています。まだお昼を食べていなかったことを思い出し、自分もピラフとコーヒーのセットを注文しました。

食後のティータイムの話に花が咲き、賑わう人々。良い雰囲気が流れていました。おもしろくもくだらない会話の応酬が続き、それを聞きながらぼんやりと食事をしていました。完全によそ者で、周りは知らない人ばかりなのに、不思議と居心地はわるくない感じです。コーシーという発音も、久しぶりに耳にしました。
 それに、店主のびっくりするような発言もあったのです。世間話から地元の話題になった時、「砂町あたりはあまりいい町じゃないね。けっこう保守的だから、私みたいなよそ者はなかなかなじめない」という主旨の内容でした。
 お客さんはもちろんのこと、お店の方もてっきり地元出身だと思っていました。結局、東京だろうとどこだろうと、ムラ意識というのは必ず存在し、近づこうとすると見えない壁が立ちはだかること、自分も経験してきたからです。共感を覚え、心の中で相づちを打ちました。
 しかし、それと同時に、ちょっと不安になりました。でも常連さんの中では反論する方はおらず、場が冷めることもなく、誰かが「私はずっとここに住んでいるからね、わからないよ」と言っただけでした。
b0158023_21524123.jpg
 一定の時間が経ったのか、気が付くと一人、二人と帰っていき、とうとう、店主の方と自分とふたりきりになりました。いい機会のはずだと思って、店の方に話しかけたものの、この日の自分はあと一歩の勢いがなく、かえってうさんくささを与えてしまいます。
 「でも、どうして喫茶店なの? どんな店でもかまわないの?」と本質を問いかけられ、しどろもどろに答えながら思いました。本当に必要性があると信じて、これを続けているのかな、と。
 なんとか主旨を分かっていただいた後に聞いた言葉は、新しい内容ではなかったのですが、心に重く残りました。
 「さっきも言ったけど、この町はとても保守的なところがあります。でも、みなさん、それぞれ悩みを抱えていて、それを共有してて。ここへ来たお客さんは、たとえ初めてでも落ち着くっていうんですよ。25年やっててよかったのは、そういうところかな」
 聞くまでもなく、雰囲気からそういうものを感じ取ってはいたのだけど、それを言葉で聞けてよかったなあ。

江東区東砂4丁目
[PR]

by matsutakekissa | 2011-11-18 22:05 | 江東区山 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://kissamatsu.exblog.jp/tb/16962375
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 思いつき 町をあるく口実 >>