駅構内の喫茶店(岐阜・養老)

 ある夏の終わりに、三重県桑名市を旅行し、そのついでに養老公園内にある「養老天命反転地」を訪れました。桑名駅から養老鉄道に乗り込み、養老駅に到着すると真っ先に目についたのは「乗って守ろう養老鉄道」の大きな垂れ幕でした。ここも廃線の危機なのでしょうか。
 養老天命反転地へは、駅から歩いて10数分でした。その名前を知った最初は、何かの宗教関連施設かと思ったのですが、実際のところは屋外体験型現代アートの公園でした。パンフレットにある「もののあわれ変容器」、「極限で似るものの家」など、いわくありげな名前に心ひかれましたが、面白い形の造形物は、そこに近づいてみるだけなのに、意外と骨が折れます。その日が猛暑日だったこともありますが、足元が悪いので、うっかりすると転んでしまいます。元々の趣旨として、起伏や斜面をつくり歩きづらくしてそれを体感することでバランス感覚や方向感覚、知覚などを養う目的があるらしいのですが、開業から10年以上も経過すると、木々が大きく成長してしまい、さらにハードさを増しているようです。

 さて、養老駅構内には土産物屋兼喫茶店がありました。入り口ドアの木枠にはガラスがはめ込まれ、「千歳」と書かれており、その上には回転灯がついていました。回転灯は、中京地域を中心とした西日本の喫茶店ではよくみかけます。
 壁に貼られたプレートを見ると、この店は養老の滝近くの旅館「千歳楼」が経営しているようです(後でサイトを調べてみると、千歳楼(せんざいろう)は江戸・宝暦の創業250年の老舗旅館でした)。御品書きに養老サイダーとあったので、入ってみることにしました。
 駅にも周辺にも観光客の姿はほとんどみかけません。みな、車で訪れるのだろうか。店内の窓からは駅のホームにある、藤棚のようにあつらえた「ひょうたん棚」がありました。
歩き疲れた身体にはこのサイダーと、開け放した窓から吹いてくる風が、ありがたく感じられました。

 ずっと店に居続けるのも退屈だったので、駅の待合室で電車を待つことにしました。その数十分の間には意外にもさまざまな人間模様がありました。長距離サイクリングの最中で、道を聞きにきた若い男の子たち、本日泊まれる宿があるかどうかを聞きにきた若い2人連れ。 応対するのは、喫茶店のおかみさんと、たまたま居合わせたご近所のお母さんでした。
 自力で調べるのもいいけれど、だれかに尋ねることで、地元の人とコミュニケーションがとれ、また旅の思い出が増えるのだろうな。なんだかほのぼのとする光景でした。
b0158023_21342618.jpg
千歳
岐阜県養老郡養老町

養老サイダー 320円
ホットコーヒー 320円
[PR]

by matsutakekissa | 2011-09-16 21:40 | 旅編(東京都以外) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://kissamatsu.exblog.jp/tb/16293376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< あたらしい出会いをもとめたけれども ハルキ >>