アマンド

b0158023_0582498.jpg 待ち合わせ場所の代名詞的存在、アマンド。とある人からアマンドに関するエピソードを聞いて以来、親しみを感じるようになりました。

 ある人が六本木のアマンドで待ち合わせをした時のこと。相手がいつまで経っても現れず、いらいらを募らせていると、電話がかかってきたそうです。
 「アマンドってどこにあるの? 辺りを探したけど見つからなかった。アーモンドっていう店ならあったけど」
 看板を思い出してみると、たしかに「ARMOND」という文字は、「アーモンド」となら読めますが、「アマンド」とは読めません。
 それ以来、私もひそかにアマンドのこと、「アーモンド」と呼んでいるのです。他人にきかれたら恥ずかしいですが・・・。
 
 話かわって、「青山霊園の近くに、ちょっと変わった感じのアマンドがある」という情報をもらったので、行ってみることにしました。場所は西麻布交差点から外苑西通り沿いに歩いて数分の場所にあります。植え込みの陰にひっそりと佇むかのようにあるお店で、六本木や銀座のアマンドとはまた雰囲気が異なる印象を持ちました。
 店名の「霞町店」というのは、この辺りの旧町名のようです。このあたりの地理に疎い私は、霞ヶ関の近くかと勘違いしてしまいそうです。

 こちらのお店は客席数も15~20席程度とあまり多くなく、店内の雰囲気も都内にある他のアマンドの店舗と比べて、ちょっとだけ古びた印象でした。深緑色のリノリウムもやや色あせて光っています。2階にも客席があるようですが、今の時間帯は使用されていないのか、階段の電気は点いていませんでした。

 コーヒーと定番のリングシューを注文しました。実はアマンドではケーキ類をまだ食べたことがありませんでした。
 しばらくして運ばれてきたシューにはナイフとフォークが添えられていました。ジュースをストローで飲む時の、よそゆきの感覚です。コーヒーカップも他の店舗では見たことのない、厚手の白磁に金のラインが入ったものでした。

 しばらくすると、新しいお客さんがやってきてお店の方と談笑していました。どうやら常連さんのようですが、カウンターと客席が近いからこそ、こういう会話も生まれるし、親近感もあります。そういうところも、自分が知っているアマンドとは雰囲気がちがって、楽しい体験でした。

 さて、今度は銀座店にも行ってみました。日比谷店、新橋店(閉店)は知っていますが、改めてよく見ると2階席もあって広そうです。ピンクの花びらの飾りが付いた照明器具、2階席の柵の部分、1階席のピンクのビニールレザー張りの籐椅子など、小物のところどころに今時のスタイリッシュではないかわいらしさを感じました。

 窓際に座っているお客さんのコーヒーカップが真っピンクのアマンドカラーだったので、あのカップでコーヒー飲んでみたい!と思いブレンドを注文しましたが、こちらは残念ながら別のカップでした。
 後日、改めてドリンクの種類を変え、カフェ・オレを注文したところ、例のピンクのカップが出てきて、一人勝手に満足しました。
 ちなみに、オリジナルの会計伝票もかわいらしいです。

アマンド霞町店
港区西麻布1丁目 ブレンドは500円+税
後でアマンドのHPを閲覧してみると、こちらのお店は本社と同じ住所でした。
アマンド銀座店
中央区銀座6丁目 ブレンドは580円+税
※あやふやな記憶で下手な絵を描きました。すみません、実物は撮影できなかったのです。
<補足>歌舞伎町の元・コマ劇場のそばにある「アマンド新宿店」では、霞町店の白いカップも銀座店のピンクのカップも使用されているもようです。【2010.2.14】
[PR]

by matsutakekissa | 2011-01-30 19:01 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://kissamatsu.exblog.jp/tb/14833237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 自己紹介、免責事項など 瀬羅夢 >>