銀ぶらの語源

 パウリスタでの話の続きです。会計の際、ポイントサービスのスタンプカードに、「銀ブラ証明書」という文字がありました。
 「あなたは本日、銀ブラ(銀座通りを歩いてカフェーパウリスタにブラジルコーヒーを飲みにいくこと)を楽しんだことを証明します。」

 どこかで聞いたことのある言葉だと思ったら、塩沢槙さん著『東京ノスタルジック喫茶店』にも、浅草の喫茶店「銀座ブラジル」の紹介で、銀ブラという言葉は、銀座でブラジルコーヒーを飲むことからきているという説もあると書かれてあったのを思い出しました。
 前回に引き続き平野威馬雄さんの本から引用させていただくと、「銀ぶらの語源」については、以下の内容でした。
 「銀ぶらということばは、よほど古くからあったらしく、明治の末ごろ、さき頃まで文春クラブの支配人だった当時の新進洋画家松山省三さんの経営していたカフェ・プランタンの常連だった文化人たちによって使われ出したと見るむきが多い。
 毎日ブラブラしているプランタンの連中を銀座ブラと呼び、これがちぢまって銀ブラということばが生まれた・・・と松山さんは云っている。すると銀座のブラはプランタンに集まって何という事もなくぶらぶらしていた連中、つまり、ブラ族をさしているわけで、なにもわざわざ銀座をブラつくという行動をしなくても、すでにあの辺のカフェーでぶらぶらしている人の姿から生まれたと考えた方がいいかもしれない。が、その後、慶応の生徒たちが銀座をぶらつくことに解釈するようになり、今日に至っている・・・。(平野威馬雄 著『銀座物語-街角のうた-』日本コンサルタント・グループ、1983年より引用)
 しかし、この本では狭義での「銀ブラ」は、以下のような意味だったと書かれています。 
ところが、白牡丹の松田信四郎さんに云わせると、とんでもないことになる。
「だいたいぶらつき歩くというのに、わざわざ晴れ着をきたり、りゅうっとした背広姿で、大邸宅のじゅうたんをしきつめた立派な廊下を歩くように、気取ったステップをふんだりするなんてえのは、ぶらつきなどとは凡そ縁遠いことです。(中略)
私の知っている限りにおいて、ほんとうの銀ブラというのは、関東大震災以後あまり見られなくなったようです。(中略)
昔は店の主人も奥さんも老人も子供たちもお店の番頭さんも小僧さんも、店がしまると一風呂あびて、ゆかたがけで、夜店をひやかしたり、橋のたもとの氷屋でぶっかきをたのしんだものです。それがほんとうの銀ブラだったのです。(平野威馬雄 著『銀座物語-街角のうた-』日本コンサルタント・グループ、1983年より引用)。
 つまり銀座に店舗を構える店の関係者が、仕事あけに銀座の町をぶらつくことを、狭い意味での「銀ブラ」と呼んでいたそうです。当時は店の経営者とその家族をはじめ、使用人もみな、住み込みで銀座に住んでいたのが、震災後は郊外に引っ越してしまい、住み込みの使用人たちも通いになったため、そのような習慣も消えてしまったそうです。
 筆者は、この定義を「生粋の銀ブラ」と呼んでいて、さらにショッピング目的でぶらつくのも、銀ブラではないようだ、と綴っています。フトコロは小銭程度で漫然と町全体のふんいきに酔って歩く・・・というのが、銀ブラではないだろうか、とのことでした。

 さて、ほんとうの銀ブラ、自分にはできるでしょうか。カネ稼ぎと時間に追われ、あくせくすることに慣れきっていて、突然ゆったりしようしても、できるものではありません。スローペースになれるのは身体を壊して風邪を引いた時くらいのものでして、身体を休みやすみ使わなければ動けない事態になってはじめて、自然とゆったりできるのかもしれない。え、それじゃゆったりじゃなくて、ぐったりだろうって? 「いやし」も「ゆとり」もまだまだ縁遠いこの頃です。
[PR]

by matsutakekissa | 2010-12-08 12:36 | エトセトラ | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://kissamatsu.exblog.jp/tb/14391724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ブラジルコーヒー カフェー・パウリスタのこと >>