「ほっ」と。キャンペーン

喫茶 オリオール 穴守稲荷

 普段、ほとんど利用することのない沿線の町に行こうと思い立って、蒲田から羽田空港線沿線へ歩きました。
 以前歩いた時の記憶を掘り起こしながら、糀谷の商店街へ。おもちゃ屋や手芸用品店、靴屋などの古くて雰囲気のよいお店が続いていましたが、古い喫茶店はどこも廃業してしまったようです。次も、その次の商店街も同様でした。
 やみくもに歩き続け、気がつけば空港のすぐ近くでした。日暮れ近くで足もかなりくたびれました。あきらめて帰ろうと駅へ向かっていた時、穴守稲荷神社の前にこちらのお店がありました。

 よく確認もせずドアをあけると、予想以上に古びた内装に驚きました。やわらかいランプシェードの明かりで店内の調度品は美しく照らされています。キャラバンコーヒーの赤色保存缶ともよく調和しています。床のビニルシートも今ではすっかり見かけなくなった柄でした。突然の見知らぬ客にもかかわらず、白髪のマスターは笑顔を投げかけてくれます。
 「これ出したら、行くから」と、店の奥に向かって呼びかけると、注文の品を置いて、すぐ店を出て行ってしまいます。すぐ戻るのかな、と思ったら数分経っても帰ってこない。からっぽの店内で少し不安になります。
 しばらくして奥から娘さんらしき人がやってきて、マスター宛らしき電話が掛かってきました。話のやりとりを聞いていると、掛けた相手は近所の方らしく、マスターは銭湯に向かったようです。
 東京のはずれの町で長年喫茶店を経営していて、今も決まった時間になると銭湯へ出かける暮らしぶりは、なんともすごいなあ、と思ってしまいました。

コーヒー 300円 ジュース各種 480円 軽食類 500円台~
大田区羽田5丁目

※白熱球生産中止のニュースをみて、ふたたびこちらの店のことを思い出しました。電球色によって店の雰囲気はかなり左右されてしまうことを考えると、この先、どうなるのかと少し気になっています。
[PR]

by matsutakekissa | 2010-03-14 16:46 | 大田区山 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://kissamatsu.exblog.jp/tb/12989275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< サン茶房 加王 >>