ウール

 通りを歩いていた時、ふと目にした看板に思わず声をあげそうになりました。場所は清杉通り。時間は平日の朝8時。向かいのビルのすき間に見えるのは、「コーヒーハウス ウール」という看板。近づいてみると店はお休みか準備中のようで、シャッターが降りていました。
 平日の朝からやっていない、ということは、通常生活の範囲内で訪れるのは厳しいかと思っていたところ、ある日の土曜日に店を開けているのを目にしました。通常の窓ガラスの代わりにガラスブロックを使用しているのが少し変わっています。そして看板にも色あせたひさしにもガラス製のドアにも、店の名前とおなじウールマークが入っていました。
 店内には文字はめ込み式のメニュー表もありますが、1点ずつ写真を撮って引き伸ばしたメニューが店の外に向けられて貼られています。しかし、トーストやホットケーキの食事メニューはともかく、コーラとかミルクを器に入れた写真のアップ、って必要なのかなあ。一目瞭然でわかりやすいのですが。
 店内にはマンガがぎっしりつまった棚があり、仕事の合間の休憩にちょうどよさそうです。棚の端に挟まっていた、少し古めの本を手に取りました。食品の安全を問うかなり過激な論調に、思わず真剣に読んでしまいました。

コーヒー 330円 モーニングセット 380円
中央区東日本橋3丁目
朝9時~夜8時 日曜 休み
※お店のホームページがありました。ほとんど更新されていないもようです。店内にも説明の用紙が貼られていましたが、珈琲豆はオールドビーンズを使用と書かれています。他店のコーヒーより心なしか濃い味がして、深い味わい。これでたった330円というのはサービス価格と思います。
[PR]

by matsutakekissa | 2010-02-17 22:17 | 中央区山 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://kissamatsu.exblog.jp/tb/12858831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 梵 戦後のたてものマニア >>