喫茶 ロッキー 浅草 ※閉店しました

【以下の記事、PC&携帯故障により、すっかり時期を逸しての投稿になってしまいました。すっかり古くなった内容で恐縮ですが、何卒ご了承ください】

 新しい年を迎える準備で慌しい年の瀬ですが、こうしてる間にも、どこかでひっそりと店じまいする喫茶店が、いくつもあるんだろうなと思うと、なんだかさみしい。喫茶店の閉店は事前に知らされることが少なく、閉店してから、「○月×日」に閉店しました、という貼紙が貼られていたりします。あぁ、やめちゃったんだなあ、という余韻にひたる間もなく、あっというまに更地あるいは大規模な改装が加えられ、新しい店がオープンして、昔あった店のことは、少しずつ記憶から抜けていってしまいます。


 さて、2009年仕事納めの朝。モーニングは悩んだ末、浅草・千束通りの「ロッキー」に行くことに決めました。当ブログへのコメントで、31日閉店の情報をいただいたのですが(おおかわさま、その節はありがとうございました)、行くかよそうか、本当に迷いました。閉店便乗駆け込み客ってのは、混雑の原因になるし、常連客や店側にとって迷惑な存在以外の何者でもない。でも、とっても気になる。
 とりあえず覗いてから決めることにし、田原町駅から六区ブロードウェイを抜け、言問通りを渡って、千束通りのロッキーを目指しました。商店街のほとんどの店はまだ眠っている時間帯だったので、行灯型のタツノオトシゴマークの看板がいっそう目立ちます。
 入ってみるとカウンター近くの席はまずまず埋まっていました。みな近所の常連さんのようです。サラダを食べていたおばさんは突然顔を上げ、「奥、空いてますよ」と一言。客に混じって朝食をとっていた店のママさんでした。
 奥は4人掛けの広い席で、入口近くとはまるで雰囲気が違いました。ゆっくりできそうだけど、入口の喧騒からは隔離され、まるで2階席のよう。テーブルに出しっぱなしのステンレス製ミルクピッチャーが、店のゆるい雰囲気を象徴していて、ハムエッグと野菜サラダにトーストのモーニングは家庭的な味でした。

 自分が座った席の近くにいたモーニングをとっているおじさん。失礼かもしれないけど、浅草らしい人、という表現しか思いつきませんでした。
 おじさんは後からやってきた別のおばさんにものすごい剣幕で怒られていましたが、のらりくらりとかわしています。その後「さあて、そろそろ帰ろっかなー」と大声をあげ、帰り支度を始めましたが、周りの客は無反応。いったん店を出ていったおじさんは、「忘れもんしちゃった」と大声でいいながら、戻ってきました。店の人が一緒にテーブル周りを探して、帽子が見つかると去っていきました。つい、うっかり忘れた、というより、誰かにかまってほしかった、そんな気がしました。

 喫茶店であれ、他の店であれ、一つの店に通いつめる理由は、安さや美味さ、場所だけではなくて、「人」が大きなウェイトを占めていると思うのです。
 店がなくなるとというのは、絆やよりどころが消えてしまうことでもあります。ここに集っていた人は、来年からはどうするのだろうか。新たに常店を求めて漂流するのか、それとも喫茶店通い自体をやめてしまうのだろうか。いずれにしても、寂しいかぎりです。

コーヒー 400円 モーニングセット 500円
台東区浅草3丁目
朝6時半~夜8時 火曜 休
※2009年12月31日に閉店しました。 
[PR]

by matsutakekissa | 2010-01-02 01:05 | 枯れマツタケ | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://kissamatsu.exblog.jp/tb/12599621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by おおかわ at 2010-02-02 00:29 x
おおかわです。PCと携帯のトラブル、災難でしたね。

『ロッキー』を記事にしてくださってありがとうございます。別に関係者ではありませんし、常連といえる程の客でもなかった自分ですが、「ロッキーのモーニングが理想型」とコメントした意図を代弁してくださっているかのような内容で、驚きました。
メニューや価格だけでなく、お店の方、そして常連のお客さんたちの存在もあって成立していた“ロッキーの朝”が好きだったのです。
もう、再現不可ですね。
Commented by matsutakekissa at 2010-02-02 12:56
おおかわさま、いつもありがとうございます。先だってのコメントには、きちんとお答えできず、失礼いたしました。ロッキーの記事のアップも遅れてしまい、残念です。

喫茶店は一人客がさっと入ってすっと帰っていくパタンが多いと思われますが、ロッキーの場合は、一人できたお客さんも、なんとなく一人ではない雰囲気で、あの場の会話のいくつかは、脚本のネタになりそうな感じもしました(大げさかもしれないが)。おおかわさんが言われていた「好きな」所は、こういうところかな、と感じながら、記事にしてみました。

こちらこそ、ロッキーのモーニングのことを教えていただいて、ありがとうございました。

<< コーヒーショップ はなや 曳舟 喫茶 おむろ お茶の水 >>