「ほっ」と。キャンペーン

キャノン

 先月記事で触れた、待乳山聖天裏の喫茶「ニューキャノン」ですが、東浅草によく似た名前の喫茶店があります。その名も「純喫茶 キャノン」(「ヤ」は小さい)。店名のロゴも似ているし、キーコーヒーの看板なのも同じです。ただ、店のキャパは3倍ほど大きい。だから、こちらが本店で「ニュー・・・」のほうが支店なのかと初めて見たとき、勝手に想像してしまいました。
 場所は「ニューキャノン」より吉野通り沿いを南千住方面に北上すること5分程度。東浅草1丁目交差点の近くです。徒歩だと浅草からは少し遠く、山谷も近いので、個人的には物見遊山や何かのついでに足を運ぶことがためらわれるエリアです。それでいろいろ考えた末、朝に訪れてみることにしました。
 店には「準備中」の札がかかっていましたが、札を変えるのを忘れただけのようで営業中でした。朝からテーブルゲームに興じるおじさん、モーニングのドリンクをソーダ水で、と指定するおばさんなど、客層は朝からバラエティーに富んでいます。
 そこへ、声色が歌丸師匠似のおじいさんが現れました。常連のようで、まずはマスターらに「おはようございます」とあいさつ。
 一通り世間話をした後、今朝見た光景について、「信号まちしながら、携帯電話をいじっているやつの気がしれないよ」と苦言を呈しています。「そりゃきっと自分のことだ」、と心の中で思ったのですが、会話に加わることはできませんでした。

モーニングセット(トースト、ハムエッグ、サラダ、ドリンク付) 450円
台東区東浅草1丁目
朝7時~ 定休日は不明
※記事とはほとんど関係ありませんが、三遊亭圓楽さんの訃報をニュースで知りました。圓楽さんといえば、思い出すのはやっぱり「笑点」。日曜日の黄昏時、「大喜利」のテーマがどこかの家から漏れ聞こえてくると、「あぁ、休みも終わりだな」という気分になったものでした。今でもあのテーマを聞くと、「山田君、(座布団)全部もってっちゃいなさい」という圓楽さんの声が聞こえてくるような気がします。それくらい、生活に馴染んだ番組だったと思います。ご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by matsutakekissa | 2009-10-29 12:59 | 台東区山 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://kissamatsu.exblog.jp/tb/12223026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ロータス さかい >>