喫茶 じゅん 本所

 都営浅草線の本所吾妻橋駅を目指して、両国方面から歩く途中、喫茶店らしい黄色い看板が目にとまりました。駅の近くでもなく、バス通り沿いでもなく、住宅街にぽつんと建っている喫茶店で、氷ののれんが風にはためいていました。
 入口のガラス戸は色つきで、中の様子がわかりません。夏の昼下がりだったので、暑さしのぎに近所の常連客で埋まっているのだろうか、という想像をしつつドアを開けると、お客はゼロ。ラジオが静かに掛かっていました。
 店は1階と半2階に分かれた構造で、その真ん中をパーテーションのようにして、観葉植物の鉢がならんでいました。1階の席に座ると、2階のカウンターの視界からすっかり離れることになってしまうのですが、マスターは客である、自分の動きをきちんと捉えていたようで、放っておかれることなく、お冷を運んできてくれたので、ほっとしました。
 店を出てから、その隣が高砂部屋だということにようやく気づいて、思わず声をあげそうになりました。朝青龍の騒動の度に、店周辺は記者たちでうるさかったりするのかな、と思わず考えてしまいました。

コーヒー 350円
墨田区本所3丁目
[PR]

by matsutakekissa | 2009-10-13 13:01 | 墨田区山 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://kissamatsu.exblog.jp/tb/12121246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< タバコ・喫茶 それいゆ 赤坂見附 びいんず >>