喫茶 梨香 三河島

 よい喫茶店は商店街の外れや路地にある、という勝手なセオリーを作っているため、意外と大通りをひたすらまっすぐ歩いたことはありませんでした。鶯谷から荒川へ延びる尾久橋通りも例外ではなく、鶯谷~三河島間ですら、ストレートに歩いたことはこの日が初めて。商店街のアーケードにあった、この店の存在もこれまで全く知らず、寄り道ばかりしていた自分を反省しました。
 日曜日の昼下がり、店先のマットを叩いて掃除していた店主のおばあさんは、白髪を結い、白いフリルのエプロンをつけていて、英国のメイドみたいな格好でした。
 店の外観は割合普通でしたが、店内は店主のスタイルと同様、気合が入っています。赤色のビロードみたいな生地のソファには白いレース地のカバーがかけられ、店内の壁にはソファと同じ色の額に入った鏡が取り付けられ、店名の梨香はリカちゃんのドールハウスなんじゃないかと思ったりしました。
 入口近くの水槽には、うちわみたいな形の熱帯魚、ディスカスがひらひら泳いでいます。つい最近立ち読みした本で、この魚の名前を知ったのですが、飼育は少々難しいようです。喫茶店でもグッピーはよく見ますが、ここまで本格的熱帯魚は初めてです。きっとご自慢の魚たちなんでしょう。
 手が空いたのか、店主のおばあさんは珈琲豆をじゃらじゃらと選り分けていました。

コーヒー 470円
荒川区東日暮里
定休日、営業時間不明
[PR]

by matsutakekissa | 2009-04-13 23:51 | 荒川区山 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://kissamatsu.exblog.jp/tb/10717065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< NAC(ナック) 脇役たちの物語 >>