「ほっ」と。キャンペーン

2つのルノアール

 以前から気になっていた疑問です。喫茶室ルノアールは、親会社が2つあるのか?
 というのも、恵比寿、小川町の周辺には隣接してルノアールが出店していた時期が(恵比寿2号店は2007年12月末、神田小川町店は2008年5月に閉店)ありました。半径約300メートル以内に、同じチェーンが存在する理由が、まったくもって、わかりませんでした。
 そして、つい先日小川町のルノアール(淡路町店)を訪れた時、いつものルノアールと何かが異なることに気付きました。
 ①メニューにおしるこ、スパゲッティ、カレーがある
 ②いつまでまってもお茶が出てこない(通常30分以上の滞在客には日本茶のサービスがある)
 ③水出しアイスコーヒーの装置(巨大な砂時計みたいなやつ)がない
 ④ルノアールカード、Edyカードが使えない
 ⑤伝票を挟むボードがなく、紙に書かれた手書きの伝票が出された
 ⑥コーヒーカップの形が違う(ミルクピッチャーは同じ)
 ⑦ウェイトレスがエプロンをしている
 ⑧スティックシュガーではなく、シュガーポットである

 なぜだ。周りの人間に聞きましたが、やっぱり知らないので、ネット検索。同じような疑問を持たれた方はいるようで、「雑に」というブログを書かれていた方も、、ルノアールの謎について記事を書いていて、もっと決定的な違いを発見されていました。「看板に『銀座』がついていない」という点です。するどいですね。後で御礼を述べることにいたします。

 もう一度違いをよく確かめ、そして店の人に疑問をぶつけてみようと、淡路町店、そして「銀座ルノアール」の方の神田西口店をはしごしてきました。
 まず、神田西口店。こちらはリニューアルしたのか、椅子とソファが変更されていました。看板は確かに「銀座」のロゴが。そしてEdyもルノアールカードも使用可能です。

 そして、淡路町店。看板には、「銀座」のロゴが入っていません。しかしルノアールの書体は同じように見えます。よく見たら微妙に違うのでしょうか。

 ルノアールの象徴というべき、ソファ(トパーズとキャスター)も健在です。
 そして、おそらくルノアールの複製画と思われる絵画もかかっていました。障子の明かりのよさを生かしたつくりになっていて、地下の店でもさわやかな印象でした。


 会計時にウェイトレスさんに聞いてみました。「ここは、銀座ルノアールと違うのですか?」 「本社が違います」 ちょっと戸惑って無言でいると、「すみません」。まるで、自分がこの淡路町店を「ニセモノだ」と非難したような形になり、それ以上、つっこめず。情けない。
 家に帰って再度検索していたら、ウィキペディアの「談話室 滝沢」の記事に、こんな一文が。 

 「1959年に喫茶室ルノアールとして開業。しかし、当時のルノアール会の店舗急拡大路線を目指す他の会員との方針と対立し、接客態度と静かな雰囲気を重視した喫茶店としてのコンセプトを貫くため、談話室滝沢として再出発した。」

 では、淡路町のルノアールの経営母体は滝沢と同じなのでしょうか?また、折をみて、調べてみます。

【追記】写真がありませんが、淡路町で出されたコーヒーカップのソーサーには、ルノアールのロゴが入っていました。銀座ルノアールで使用されている(いた?)のと同じ備品が、一部使用されているようです。
【追記2】ようやくリンクの貼り方を覚えたので、貼り付けてみました。大変遅くなりまして、失礼いたしました。
[PR]

by matsutakekissa | 2009-03-25 13:02 | エトセトラ | Trackback | Comments(8)  

トラックバックURL : http://kissamatsu.exblog.jp/tb/10585606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mi at 2009-03-25 22:05 x
知らなかったです!ルノアールに行くことがないからですけど・・・。

高田馬場のルノアールでバイトをしたことがあるのですが、当時そこだけで4店舗はありましたよ。お互いのお店にヘルプに行ったり・・・。
お茶を良く入れてたので、銀座ルノアールであることは間違いなさそうですw
Commented by matsutakekissa at 2009-03-25 22:24
miさま、コメントいつもありがとうございます。
ルノアールでバイトされていたのですか!貴重な証言、ありがとうございます。すごく近くに出店していても、銀座ルノアールだったのですね。
恵比寿は西口のほうに、ほぼ真向かいで2軒、並んでいました。2号店が閉店してしまったので、調べようがないですが・・・。
小川町のほうは、閉店した駿河台の店(小川町店)は、写真で確認しましたが、銀座ルノアールでした。
まだまだ調査不足なので、その後何か分かったら追記したいと思います。
Commented by mi at 2009-03-25 22:59 x
続けてコメントしてすみません!
知っている情報かもしれませんが、ルノアールには、直営店とボランタリー店(ルノアールの看板だけを直営店の本部が貸している)というものがあるみたいです。(mixi情報)
それのことですかね?違うかな??
気になったので私も調べてしまいました。
Commented by matsutakekissa at 2009-03-26 00:05
いろいろと調べていただいて、ありがとうございます!
mixiは普段ほとんど見ていないので、ボランタリー店については知りませんでした。看板を貸しているだけだとしたら、あのメニューにも、手書き伝票にも納得がいきます。
「本社が違います」と言われたことと、Wikiの記事で経営方針の違いから、ルノアールが2社に分かれたのでは、という勝手な憶測を引き出してしまいました。そんなこと、どこにも書いてないのに・・・。すみません。
案外、ルノアール本部の広報に問い合わせたら、気楽に答えてくれるのかもしれないですね。
Commented by ヒサダ at 2009-03-28 10:17 x
 コメントありがとうございます。ルノアールの謎がますます深まってしまい・・・、仰るとおり、本部に聞くのが良いのかもしれませんね(今のところ、その勇気はありませんが)
 近頃は拙ブロ同様に、雑なカフェが多い中、「日本古来」の喫茶店が見直されているようです。これからも、ジャパンオリジナルのKISSATEN(またはKICCHATEN)を追い続けて下さい。これを機会に、ブログを楽しませていただきます。また、できれば、訪ねてみたいと思います。
Commented by matsutakekissa at 2009-03-30 12:23
ヒサダさま、ありがとうございます。まだ問い合わせてないですが、この謎、いつかはっきりさせたいです。「日本古来」の、という表現は素敵ですね。つい、自分は古いという言葉にとらわれておりました。
これからも、キッサテン(もしくはキッチャテン)とは、つかず離れずの関係で楽しみたいと思います。また、ヒサダさまのブログを閲覧させていただきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。
Commented by もぎゃ at 2010-02-03 14:02 x
こんにちは。ボクもこれ知りたかったので、銀座ルノアールさんに聞いてみました。

「ボランタリーチェーン店」ということで、別の経営者さんがやっているけど、名前を使うことについては了解している店舗だそうです。
Commented by matsutakekissa at 2010-02-04 12:31
もぎゃさま、はじめまして。わざわざ調査・ご連絡いただきまして、ありがとうございます! ルノアールにはなかなか問い合わせできず、先日も「あの記事書いてからもう1年近くになるな・・・何とかしないとな・・・」と思っていたところでした。
ボランタリーチェーンについては、miさまからも情報をいただいていましたね。お二人に深く感謝いたします。

<< 珈琲専門店 ポニー 新宿御苑  珈琲&スパゲッティ 世茂里奈 鶯谷 >>