ハトヤ

 手っ取り早く喫茶店をめぐるならやっぱり浅草。数も多けりゃ種類も多い。たとえお目当ての1軒がお休みだったとしても(観光地なので週末休みという店は少ないが…)、混みあってて入れなくても他の店があるし、またくればいいさ。
 などという勝手な安心感からか、浅草には夕方立ち寄ってばかりで、この店の前も何度も通っていながら、営業しているのを見たことが一度もありませんでした。
 この日、西浅草方面へ向かって新仲見世通りをかなりとばして歩いていたところ、「じゅらく」の隣のとなりくらいのところに赤い看板が光っていました。人通りの多い通りの中、小さな間口の店は通行人にはかえって目立たないのか、店内に他のお客はいません。入口のガラスドアにあるハトのマークは、ハート型のように見えました。
 外観同様、こじんまりした店内に並ぶのは少し低めのテーブルと小さめのイス。壁のあちこちに貼られた人生訓が目を引きます。入口近くには派手な色の凧が掛けられ、浅草らしい和のオーナメントでした。
 メニューはコーヒー、ジュース類、ソーダ類にハムトースト、シチュー、ホットドッグ、ホットケーキ等、おやつ程度の軽食のみ。長居はできないな。
 表通りを見ながらドッグをぱくついていたので、ちょっとはサクラになったのかもしれません。そのうち10人程度の団体客が入ってきたので、勝手に一安心。席を立ちました。
コーヒー 350円 ホットドッグ 400円
台東区浅草1丁目
定休日 週末も営業しているようです(未確認)
※午後3時以降は営業しているか微妙です。
[PR]

by matsutakekissa | 2009-03-21 23:50 | 台東区山 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://kissamatsu.exblog.jp/tb/10559215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by おおかわ at 2009-11-15 23:24 x
益田喜頓さんのエッセイに「若い頃、本当にお世話になった」と何度も名前が出ていました。通りすがりの人が「ここ有名なんだよね」と話していたこともあります。間口が狭く、一見、営業しているかどうかも判り難い店ですが、実は浅草の名店なんですよね。

ところで、2羽の鳩がハートマークになっているとてもかわいらしいロゴデザイン、蔵前の『ハトヤ』と同じですよね。系列店なのかしら、と思いつつまだ確認していません。今度どちらかのハトヤに行ったら、訊いてみたいと思います。
Commented by matsutakekissa at 2009-11-16 12:53
おおかわさま、貴重な情報、ありがとうございます。
益田喜頓さん、全くお名前を存じ上げませんでした。早速Wikiにて検索したら、「昭和期を代表するコメディアン」とありました。無知にてすみません。(こういうブログをやるからには、幅広くこの時代の文化を知らねば、と思うのですが・・・)「益田喜頓さんも足しげく通った浅草の名店」、とても素敵なコピーになりますね。

店の歴史が古いという点でいえば、同じ通り沿いにある「銀座ブラジル」も戦後まもなくの開店ですね。現在のビルになる前の一戸建の店舗外観写真を見たことがあります。「ハトヤ」も、今はこじんまりとしていますが、元々は一戸建で、今より広い店内だったかもしれませんね。
蔵前の「ハトヤ」との関係は自分も気になっていたのですが、先日再訪したのに聞き忘れてしまいました(泣)。いろいろ抜けていますね・・・。
Commented by おおかわ at 2009-11-23 17:07 x
竜泉の一葉記念館へ特別展を見に行き、その帰りに浅草『ハトヤ』さんに寄りました。せっかくなので訊いてみました、蔵前『ハトヤ』さんのこと。
ママさんの回答は「主人の弟が始めた店なんですよ」との事。文字通り“兄弟店”でした。

浅草新仲見世通り『銀座ブラジル』(浅草なのか、銀座なのか、ブラジルなのか・・・。この店を説明するのは混乱するなぁ)といえばチキンバスケット!外はサクサク、中は柔らか。思い出すだけで涎が出そうです。添えてある酢漬けの大根と玉葱がさっぱりで口直しにぴったり、またフォークが進みます。ここに行く時はお腹を空かせて行かねば、です。
Commented by matsutakekissa at 2009-11-25 23:19
おおかわさま、本当にいつもありがとうございます。お返事遅くなり申し訳ないです。
ハトヤさんが本当に兄弟店だったとは!予測なら出来ても、実際の行動力がすごいです。ありがとうございます。
ブラジルに最初入った時、チキンバスケットというメニューに、なぜサ店にファーストフードが?と思ったのですが、未だに試していません。必食モノなんですね。
一葉記念館は、もしや無料公開期間だったのでは? 建て直されてきれいになりましたね。
Commented by おおかわ at 2009-11-28 23:43 x
浅草『銀座ブラジル』(だから何処なんだか...笑)のチキンバスケットは美味しいですよー。「元祖」を名乗る看板メニューだけあります。ファストフードではなく、今は亡き三信ビル『ニュー・ワールド・サービス』のハンバーガーと同じく、ハイカラな舶来メニューですね。

一葉記念館は、観覧無料日でしたし、一葉祭でしたし、連休中のお出かけ日和でしたから、混んでいました。
一葉煎餅の店の前で日向ぼっこしつつ寝ていた看板猫は、ちょっとおデブで、触り放題でした。
Commented by matsutakekissa at 2009-11-30 12:52
またまた、お返事ありがとうございます。往復書簡のような感じになっていますね。私が話題を振るからですね・・。チキンバスケット、今度訪れた時にはぜひ食してみたいです。一葉記念館はリニューアル後はまだ訪れていませんので、行かなければ、と思いつつ、何年も経ってしまいました。煎餅屋のネコ、想像するだけに画になりそうな光景です。

話題が戻ってしまいますが、つい先日古本屋で手に取った『東京百話 人の巻』(種村季弘 編 ちくま文庫)に益田喜頓さんの浅草・ハトヤにまつわるエッセイが収録されていて、思わず購入してしまいました。昭和の東京に関する生の証言が綴られた、なかなか興味深い資料なので、全シリーズ読んでみたいと思っています。

<< 喫茶 チェルシー 住吉 和多 >>